9月 28, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

このプロジェクトは、日本の社会的排除を緩和することを目的としています

15歳から64歳までの100万人以上の日本人に光を当てる実験ドラマ。

  • Etienne Balmer / AFP、高槻、日本

仕事に幻滅し、人生に疲れた吉田征治は、7年間世間を離れていたが、現在は日本のひきこもり、つまり社会的個人の経験についてのドラマに出演している.

42 歳の彼女は、30 代のほとんどを屋内で過ごしました。

「私は人生の動きを経験していましたが、自分に嘘をつきました。仕事しかありませんでした。もう十分でした」と彼は国際的な製造業に関するワークショップで語った。

写真:AFP

2020 年の政府の推定によると、吉田は 15 歳から 64 歳までの 100 万人を超える日本人の 1 人です。

実験的な演劇プロジェクトを通じて、2 人のフランス人アーティストがひきこもり (英語で「シャットイン」と呼ばれることが多い) を提供します。これは、自分自身を表現し、自信を取り戻すチャンスです。

彼らの戯曲『Hikku』は、来年フランス、ベルギー、その他のヨーロッパで上演される予定で、ひきこもりの孤立への欲求を尊重しながら、自己表現のプラットフォームを提供することを目的としています。

写真:AFP

日本の自宅で参加者が制御するロボットと、寝室のドア越しに行われる会話の音声録音が特徴です。

また、刑務所から脱獄するための措置を講じているひきこもりによる、小さくても騒々しい路上デモの映像も含まれていますが、日本の厳しい労働文化に息苦しさを感じています.

「働かされたくない!抑圧するのやめて!」 参加者は、西日本の高槻市で撮影されたデモンストレーションで唱えました。

写真:AFP

デモンストレーションに参加した吉田さんは、劇場制作に参加できたことをとても誇りに思っていると語った。

「ロボットアバター」

生産者は、ひきこもりのサポートと会社を提供する高槻の地元企業であるニュースタート関西と協力しています。

協会の仲介人である高橋篤俊氏は、「これは社会問題です…しかし、社会(ひきこもり)は、問題はひきこもりから来ていると信じ込まされてきました.

精神分析学者で京都大学准教授のニコラス・タジャン氏は、ひきこもりは幼少期に困難に直面することが多かったと語った。

日本では、「小児期および思春期の心理的問題は見過ごされ、十分に扱われていないことが多い」と彼は述べた。 「それは、思春期にそれが社会的引きこもりの形に結晶化することを意味します。」

大人になると、彼らは「働かないことで見下されている」ため、さらなる問題に直面している、と彼は言い、「実際、仕事は日本人のアイデンティティの非常に重要な部分である」と付け加えた.

ひきこもりから回復した約十数名がプログラムに参加。

劇中、10,000 km 離れたロボットを操作し、地面にメッセージを描いたり、マイクを通して観客に話しかけたりする人もいます。

ビジュアルアーティストでダンサーのエリック・ミン・クァン・カスタン氏は、ロボットは「ひきこもりの繰り返しのテーマである同時の存在と不在」を探求するための「一種のアバター」であると語った。

ひきこもりは弱いと見られることもあるが、彼はこの作品が彼ら自身の人生を振り返るのに役立つと信じており、彼らの行動は「スーツとネクタイの兵士」であることへの抵抗の形を表していると主張している.

「偏見」

フランス人アーティストが日本でプロジェクトの調査を開始したとき、彼らはニュースタート関西を通じて紹介された孤立した人々とのつながりを築くのに時間をかけました。

「彼らの中には、私たちを家に招き入れて話をするのは大きな挑戦でした」と、劇でナレーターを演じている共同監督のアンネ・ソフィー・トゥリオンは語った.

「他の国からの見知らぬ人であることは、通常の偏見がなかったので、物事をより簡単にしたかもしれません」と彼は言いました.

「想像以上に親しみを感じられる人が見つかりました。」

心理学者のダジャン氏によると、ひきこもりは一度社会から引きこもると、社会に戻れないのではないかと恐れているため、回復は困難な場合があります。

「それは彼らの回避行動を強化します。」

しかし、アートは個人が「創造性を取り戻し」、メンタルヘルスの治療や雇用を再開することを超えた「別の世界」を想像するのに役立つと彼は述べた。

コメントはレビューされます。 コメントは記事に関連したものにしてください。 虐待やわいせつ、個人攻撃、宣伝を含むコメントは削除され、ユーザーは禁止されます。 最終的な決定は、台北タイムズ紙の裁量に委ねられます。

READ  レッスン2:プージャ教授は子供たちに税金の支払いについて教えるために日本をリストアップします| 日本