1月 30, 2023

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

アジアの金と中国の需要は休暇前に緩和。 日本、シンガポールはより高いレートで収益化

*

インドの宝石商は、金の輸入関税の引き下げを望んでいます

*

香港ではオンスあたり 3 ドルのプレミアムで金が売られている

Arundhati Sarkar および Rajendra Jadhav 著

[1月20日 ロイター] – 今週の旧正月休暇に先立ち、中国での金需要が緩和した一方、日本とシンガポールでは一部の消費者が国内価格の上昇を受けて金を売却した。

消費量トップの中国の保険料は、先週 30 ドルまで上昇した後、世界の主要スポット価格を 1 オンスあたり 9 ~ 20 ドル下回りました。

「旧正月が近づくにつれ、人々は市場を離れて家に帰り、宝飾品への関心はほとんどなくなった」と、Wing Fung Precious Metals の社長、Peter Fung 氏は述べた。

中国の祝日は1月21日から27日までです。

シンガポールでは、1.50 ~ 3 ドルのプレミアムが請求されましたが、香港ではオンスあたり 3 ドルで決済されました。

MKS PAMP の大中華圏地域ディレクター、Bernard Chin 氏は、需要が「幅広い強気傾向」にあり、保険料は依然として健全な範囲にあると述べた。

「金価格は高く、人々は利益を上げているため、現時点では多くの売りが見られます。中国の旧正月であるため、特にアジア、香港、中国ではギャップが拡大するでしょう」と語った。マネージメントのブライアン・ラン。 ディーラー・ゴールド・シルバー・セントラルのディレクター。

日本のディーラーは、プレミアムから 50 セントのディスカウントまでの間で地金を販売しました。

インドのディーラーは、先週の 35 ドルに対し、15% の輸入税と 3% の売上税を含む公式の国内価格よりも 1 オンスあたり最大 24 ドルの割引を提供しています。

ムンバイに本拠を置く民間の金輸入銀行のディーラーは、「結婚式のために購入した小売顧客の一部だ」と語った。

地元の金価格は、金曜日に 10 グラムあたり Rs 56,850 の過去最高値を記録しました。

ニューデリーに本拠を置く金のディーラーは、密輸を抑制するために政府が次の予算で輸入関税を引き下げることを期待していたため、ほとんどの宝石商は購入しなかったと語った. (バンガロールのアシタ・シヴァプラサド、ムンバイのラジェンドラ・ジャダブによる報告、シンジニ・ガングリーによる編集)

READ  コメント| 安倍晋三は戦後日本に対するビジョンを持っていました