12月 1, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

アメリカ人は経済的に疲弊している

アジア太平洋市場は米国の雇用統計に先立って下落

株式会社日本取引所グループが運営する東京証券取引所(TSE)のロゴが表示されています。 (JPX)、2020 年 10 月 2 日金曜日、日本の東京の証券取引所。

アキオくん | ゲッティイメージズによるブルームバーグ

アジア太平洋地域の株式は、前の金曜日に下落しました 米国の月次雇用レポート、 これは、11 月の連邦準備制度理事会の金融決定を導く可能性があります。

ダウ・ジョーンズのエコノミスト調査によると、9月の雇用数は27万5000人増加し、失業率は3.7%で安定していると予想されています。

香港 ハンセン指数 取引の最後の 1 時間で 1.27% 下落し、Hang Seng Tech は 2.96% 下落しました。 の 日経225 日本では 0.71% 下落して 27116.11 となり、Topix は 0.82% 下落して 1906.80 となった。 オーストラリアで 、 S&P / ASX 200 0.8%安の6762.80ポイント。

韓国 コスビー コスダックは 1.07% 下落して 698.49 となり、0.22% 下落して 2232.84 となった。 MSCI の日本以外のアジア太平洋株式の最も広範なインデックスは 1.29% 下落しました。 中国本土の市場は祝日のため休場。

米国では一夜にして主要指数が下落し、ダウ・ジョーンズ工業株平均は 346.93 ポイント (1.15%) 下落して 29,926.94 となった。 S&P 500 は 1.02% 下落して 3,744.52 となり、ナスダック総合は 0.68% 下落して 11073.31 となった。

ANZリサーチのアナリストは金曜日のリポートで、「市場が待望の米国の雇用統計を待ち望んでいたため、株式は下落した。連邦準備制度理事会のコメントは『より必要とされている』という感情を維持した」と書いた。

READ  冬の休暇旅行: あなたは今、飛行機に飛び乗っていますか、それともサイコロを振っていますか?