2月 3, 2023

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

アフラックとチューリッヒの保険会社が日本でデータ侵害に見舞われた

第三者業者によるハッキングにより、累計400万人以上の顧客の個人データがネット上に流出。

この侵害は、320 万人のアフラックのがん保険契約者と、チューリッヒ保険の約 760,000 人の自動車保険契約者に影響を与えました。 日本国外で顧客データが流出したという報告はありません。

両社は、調査を開始し、日本の当局と協力していると述べた。 両方とも、リークはサードパーティベンダーの侵害の結果であるとも述べた.

2つの事件が関連しているかどうかは不明です。 アフラックもチューリッヒもベンダーの名前を挙げていませんでしたが、アフラックは顧客に謝罪し、米国を拠点とする請負業者であると述べました。 請負業者のサーバーが最初にアクセスされたのは 1 月 7 日だったという。

アフラックは、顧客の姓、年齢、性別、保険契約の詳細が漏洩したことを認めたが、身元が漏洩した可能性は「非常に低い」と述べた.

漏えいしたデータには、名前、性別、生年月日、メールアドレス、保険証書番号が含まれていた、とチューリッヒは述べた。 同社によると、銀行口座情報やクレジットカード番号は含まれていません。

米国に本拠を置くアフラックは日本の大手保険会社の 1 つであり、チューリッヒ保険は世界最大の保険会社の 1 つです。

最近、チューリッヒ保険グループのCEO 言った フィナンシャル・タイムズは、ハッキングによる混乱が拡大し続けているため、自然災害ではなくサイバー攻撃は「保険をかけられない」ものになるだろうと述べています。

“>


Cyber​​News からの詳細:

イランは顔認識を使用して非ヒジャブ女性を捕まえる

詐欺コールセンターオペレーターに懲役11年

Twitterはついにリークについてコメントし、データは盗まれなかったと述べた

イーロン・マスクが史上最悪の運の世界記録を更新

サイバーセキュリティにおける AI – 流行語以上のもの

登録 私たちの ニュースレター

READ  安全な庇護の流れ、中央銀行の期待によって調達されたドル