7月 18, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

イニエスタ、日本の神戸を離れるもプレーを決意

イニエスタ、日本の神戸を離れるもプレーを決意

バルセロナのレジェンド、アンドレス・イニエスタは木曜日、日本のヴィッセル神戸からの早期退団を発表したが、39歳になってもプレーを続けたいと述べた。

スペイン・ワールドカップ優勝者のヴィーゼルとの契約は年末まで残っているが、今シーズンはほとんど活躍が見られず、涙ながらにイニエスタは7月に退団すると語った。

イニエスタは38分間で3回の途中出場にとどまっており、首位のヴィッセルとは勝ち点3差となっている。

中盤のマエストロは、次の移籍先がどこになるかは分からないと述べたが、引退の可能性は否定した。

同世代で最も偉大な選手の一人として広く認められているが、バルセロナではプレー以外の役割を担っているとの噂もある。

広告 – スクロールして続行してください

「まずはここでの時間をきちんと終えたい。それから自分にどんな選択肢があるのか​​見てみたい」と、涙をぬぐうために時折立ち止まりながら記者団に語った。

「現役を続けて引退したい。ここではそれが難しいので、引退できる場所を探したい」。

イニエスタはバルセロナで600試合以上に出場した後、2018年にヴィッセルに加入し、チャンピオンズリーグ優勝4回、ラ・リーガ優勝9回を達成した。

広告 – スクロールして続行してください

ヴィーゼルとは年俸3000万ドルで3年契約を結び、2021年5月に契約を延長した。

イニエスタは2019年に日本の国内天皇杯で優勝し、1年後にはビシャルをアジアチャンピオンズリーグ準決勝に導いた。

しかし、チームは昨シーズン降格争いに陥り、18チーム部門で13位に終わるまでにコーチを次々と解任した。

広告 – スクロールして続行してください

イニエスタは、ビサルを離れることは「キャリアの中で最も難しい決断の一つだった」と語った。

「ここで引退しようとずっと思っていたが、思うようにはいかなかった」と彼は語った。

「ここ数か月間、チームに貢献することを目標に一生懸命練習してきましたが、監督の優先順位が違うと感じ始めています。」

イニエスタは6月6日に東京の国立競技場で行われるバルセロナとの親善試合でヴィッセルの一員としてプレーする。

最後の試合は7月1日のJリーグホームコンサドル札幌戦となる。

READ  日本円安の恩恵を受ける自動車会社は?