6月 25, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

イースタン・カンファレンス・ファイナル第7戦のオッズと候補: セルティックスが歴史的逆転を達成するにはヒートよりも有利

イースタン・カンファレンス・ファイナル第7戦のオッズと候補: セルティックスが歴史的逆転を達成するにはヒートよりも有利

『The Athletic』はイースタン・カンファレンス決勝第7戦、セルティックス対ヒートを生中継している。

ボストンでの第 7 戦が目前に迫り、問題となっている歴史が私たちの目の前に迫っています。 マイアミはイースタン・カンファレンス決勝では3勝0敗でリードしていたが、現在は3勝3敗となっている。

ホームで最初の2試合を落としながら0勝3敗だったチームは、2010年のイースタン・カンファレンス決勝でセルティックスと対戦した2010年のオーランド・マジック、2020年のイースタン・カンファレンス準決勝でヒートと対戦したミルウォーキー・バックス、そして2005年のウェスタン・カンファレンスでフェニックス・サンズの3チームだけだった。決勝戦はサンアントニオ・スパーズと対戦。

第6戦を強行突破できたのはオーランドだけだった。

NBA史上、第7戦は147回あった。 ホームチームは111対36。

今年はイースタン・カンファレンス決勝チームとウェスタン・カンファレンス決勝チームはともに3勝0敗で勝ち上がっている。 デンバーはシーズンを通して最高のチームの1つでしたが、ロサンゼルスはプレイインチャンピオンシップを勝ち抜く必要がありました。 東側のこの状況を反映して、マイアミもプレーチームであったが、ボストンは今年最高のチームの一つであり、レギュラーシーズン中にオフェンスとディフェンスの両方のランキングで2位に終わった。 セルティックスはNBAで最もバランスの取れたチームであり、NBAの歴史を作るチームがあるとすれば、それはそのチームになるだろう。

セルティックスが今夜勝てば、ラスベガスのオッズメーカーからはある程度支持されているが、7試合先取シリーズで0勝3敗となったNBA史上初のチームとなる。 第6戦の前にルー・マレーが述べたように、「月曜日の夜、デンバー・ナゲッツがロサンゼルス・レイカーズを破ってフランチャイズ史上初のスイープを達成したとき、NBAチームのシリーズ3勝0敗の記録は150勝0敗に伸びた。」

NBAプレーオフ中、 運動選手彼らの作家は直接選択を行います。 ここでは、ピック、カバレッジ、最新のオッズを見つけることができます。 NBA に関する私たちの詳細な報道は、以下のリンクに掲載されています。

BetMGM のライブ NBA オッズについては、ここをクリックしてください。 今夜の試合のチケットをお探しですか? StubHub でチケットのお得な情報を見つける

2位セルティックス vs 8位ヒート

TNT 午後 8 時 30 分(東部標準時)

セルティックス対ヒートの試合のオッズは何ですか?

シリーズは3-3で引き分け

このシリーズの最初の5試合では、より多くの3ポイントシュートを決め、より多くのスティールを決め、ボールを扱ったチームが勝利した。 唯一の「矛盾」は第2戦で、3ポイントシュートをマイアミが9本しか打たなかったのに対し、ボストンは10本だった。

しかし第6戦では、マイアミはボストンの7本に対して3ポイントシュートを14本成功させ、スティールは4本に対して5本、ターンオーバーは12本に対してわずか5本だった。フィールドゴール成功率35.5パーセントはおそらく問題にはならなかった。

レギュラーシーズン中、ボストンは4連勝以上の連勝を5回記録し、そのうち2回は9試合、1回は5連勝した。 マイアミは4試合中2セットを失っていた。

モメンタム氏は明らかにボストンの味方だが、同氏は気まぐれな性格で、いつでも他の席に飛び移る可能性がある。 それでも、彼をボストンから引き離すのは難しいだろう。なぜなら、セルティックスは間違いなく騒々しい観衆からエネルギーを得るだろうし、彼らは自分たちに満足しており、セルティックスはより優れたチームだからだ。

ただし、1 つのゲーム内ではあらゆることが起こります。

専門家が選ぶセルティックス対ヒート


関連書籍

アル・ホーフォードのゴルフ遠征がセルティックスの復活にどのように役立ったか

セルティックスのブザービーターは素晴らしいものだった。 第7戦もそうだろう、星と星が輝く目で

(写真:ジェイソン・テイタム:ジェシー・D・ガラパント/NBAE、ゲッティイメージズ経由)

READ  バッファロー・ビルズのデイン・ジャクソンは、首や脊髄の大きな損傷を回避し、退院しました