11月 28, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

エティハド航空が日本で最初のSAF配送を受ける

アラブ首長国連邦(UAE)の国営航空会社であるエティハド航空。 初産 フィンランドのネステと日本の伊藤忠商事による日本の持続可能な航空燃料(SAF)。

Neste MY SAFは、成田国際空港でのUAE航空会社のフライトに提供されます。

日本の空港で外国の航空会社にグリーン燃料が届けられるのはこれが初めてです。

Neste Asia-Pacific RenewableAviationのバイスプレジデントであるSamiJauhiaienenは、次のように述べています。

「伊藤忠商事とのパートナーシップは、羽田国際空港と成田国際空港の国内および国際航空会社やその他の燃料供給業者を支援することを目的としています。

SAF Deliveryは、日本でのグリーン燃料の利用可能性を高めることを目的とした、NesteとITOCHUの間の拡大された提携によってサポートされています。

伊藤忠商事は、ネステMY標準航空燃料を日本で販売します。当初は、全国の東京羽田空港と成田空港で販売されていました。

ネステと伊藤忠商事は、国土交通省(MLIT)が設定した目標を達成し、10年の終わりまでにSAFの利用率を10%に到達させることを目指しています。

エティハド航空グループのCEOであるトニーダグラスは次のように述べています。「エティハドは、2050年までに正味ゼロ排出量を達成し、2035年までに排出量を50%削減することを約束しています。

「SAFを空気装飾の暫定的な解決策にするためには、政府、企業、航空セクター間の協力が必要であり、空港でのSAFの供給と可用性を高め、より広く変革することができます。

「伊藤忠商事とネステとのパートナーシップは、業界でSAFを広く採用するために必要な業界協力の一例です。私たちは、日本発のSAFを日本発のフライトで購入して使用する最初の国際航空会社であることを非常に誇りに思っています。

関連会社



READ  日本最大の出版社が人気の漫画海賊に対して訴訟を起こす