1月 30, 2023

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

エルドアン大統領が利上げの可能性を否定し続けているため、トルコのインフレ率は 85% を超えています

夏の間、ヨーロッパへのロシア人観光客の数は大幅に減少しましたが、トルコ (ここ) を含む他のいくつかの目的地では増加しました。

オヌール・ドージェマン | そばの写真 | ライトロケット | ゲッティイメージズ

公式統計によると、トルコのインフレ率は 10 月に 17 か月連続で上昇し、食品とエネルギーの価格が上昇し続けたため、前年比で 85.5% に達しました。

トルコ統計局は木曜日、食品価格が前年同期比で 99% 上昇し、住宅価格が 85% 上昇し、交通機関が 117% 上昇したと報告した。

国内生産者物価指数は年率157.69%、月平均7.83%の上昇を見せた。 消費者物価の月間上昇率は 3.54% でした。

トルコ通貨の大幅な切り下げに伴い、8,500 万人の人口を抱える国の生活費の大幅な上昇は、ほぼ 2 年間衰えずに続いています。 ポンド.

物議をかもしたトルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領 金利の引き上げを拒否する経済に打撃を与えると主張した。 エコノミストや批評家は、彼の政策が引き続きリラを傷つけ、インフレを引き起こし、通貨危機を引き起こしたと述べています。

10 月 20 日、トルコ中央銀行は主要金利を 150 ベーシス ポイント引き下げました。 3ヶ月連続割引、当時 83% を超えていたトルコのインフレにもかかわらず、12% から 10.5% に。

エルドアン大統領は、削減は成長を促進するものであり、今後も継続すると述べています。 大統領は、今年末までに国の金利を一桁に引き下げる決意を固め続けている。

大統領は9月下旬のイベントで、「私の最大の闘いは金利に対するものだ。私の最大の敵は金利だ。金利を12%に引き下げた」と語った。 「それで十分ですか?十分ではありません。これをさらに削減する必要があります。」

ロンドンに本拠を置くキャピタル・エコノミクスのチーフ新興市場エコノミスト、リアム・ビーチ氏は、データが発表された後、トルコの中央銀行は「より柔軟な政策を求めるエルドアン大統領からの圧力にさらされるだろう」とアナリストノートに書いた。

彼は次のように付け加えた。 [Central Bank of the Republic of Turkey] 今月後半の会合で金利を150ベーシスポイント引き下げると述べたが、その後さらに緩和するリスクがあり、リラにさらなる下押し圧力が加わる」と述べた。

ポンド この日は、1 ドル 18.61 ドルでほぼ横ばいでした。 年初から対ドルで 28% 以上、過去 1 年間で 50% 近く下落しています。

READ  米国とカナダの大学は、サステナビリティ リーグで英国を上回っています。 持続可能性