6月 16, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

オランダの選挙、投票開始で大注目 – Politico

オランダの選挙、投票開始で大注目 – Politico

この記事を聞くには再生を押してください

人工知能が声を出します。

オランダ・ロッテルダム — オランダの世論調査が水曜日に始まると、対立する4党党首のいずれかが政権を獲得する可能性がある。

選挙戦終盤の不安定な世論調査で結果は瀬戸際にあり、最大の驚きはヘルト・ウィルダース氏の極右政党への支持が急上昇したことだった。

反イスラム、反EUの自由党(PVV)は劇的な復活を遂げているようで、ある世論調査では退任するマルク・ルッテ首相のグループである自由と民主主義人民党(VVD)と並び第1位となっている。

世論調査会社モーリス・ド・ホンデによると、EU退役軍人フランス・ティマーマンス率いる労働緑の党と中道派ピーター・ウムツィヒト率いる新党が3位と4位となっている。 他の世論調査では、ティマーマンズ氏の党がワイルダース氏と同率1位で、僅差でVVDが続いた。

しかし、その差はわずかであり、さらに重要なことに、ある世論調査によると、有権者の 63% が選挙前日の時点でまだ最終的な選択を決めていなかったということです。 レポート

ワイルダースの復帰はオランダ政治にとって激震となるだろう。 過去10年間、主要政党指導者らは権力共有協定で同氏と協力することを拒否してきた。

しかし、ルッテ氏の党の新党首ディラン・エシルゴス氏は選挙運動の初めに、連立交渉からウィルダース氏の党を排除するつもりはないと述べた。 それ以来、ワイルダース氏はより穏健な態度をとっている。

同氏はテレビの時事番組ニュースールで、医療と社会保障を挙げ、選挙後に対処すべき「より重要な優先事項がある」ため、イスラム教に対する自身の見解は後回しになったと語った。 月曜日のテレビ討論会でワイルダース氏が最初に言ったのは、自分は連立政党として「参加できる」ということだった。

しかし、彼の反イスラム的発言は依然として自由党の選挙綱領の大部分を占めている。 13年前に設立されたこの党は、政府の建物内でのモスクやコーラン、イスラムのスカーフの禁止を求めて運動を展開している。

ワイルダース氏は欧州連合に対しても公然と敵対的である。 同氏はいわゆる「離脱」国民投票の実施を望んでおり、欧州連合(EU)離脱に際し、ウクライナへの全ての武器供給を停止するよう求めた。

投票の狂気

ワイルダース党に対する国民の支持のこの予想外の上昇は、世論調査会社デ・ホンデによって最初に報告されたが、デ・ホンデは前回選挙でのワイルダースのシェアを約5議席過大評価していた。 11月17日に約7000人を対象に実施した世論調査では、ワイルダース氏の5議席増のおかげで、PVVとVVDが150議席中26議席で競合していることが判明した。

ポリティコの出口調査によると、選挙戦が終盤に近づくにつれエシルゲズ氏が18%でリードし、ワイルダース氏とティマーマンス氏の政党がそれぞれ16%で続いた。 ウムトシグト党はここ数日でわずかに下落し、世論調査では15%となった。 結果が出れば、同氏は依然として連立協議のキングメーカーとして浮上する可能性がある。

オランダの国政選挙の世論調査

ヨーロッパ全土の世論調査データの詳細については、次のサイトをご覧ください。 ポリティコ 世論調査。

たとえデ・ホンド氏の世論調査が信頼できる予測であることが証明されたとしても、問題は、他の政党が政府内でワイルダース氏と協力する意思があるかどうか、そしてどの程度まで協力するかである。

プラチナの髪がトレードマークのワイルダース氏は、25年の経験を持つ議会で最も経験豊富な議員だ。 しかし、彼の極端な見解のため、ルッテ首相の少数政権を2年間支持した2010年を除いて、同氏は権力共有連立から遠ざかった。

日曜日、イェシルゴズ氏は自由党から距離を置いた。 「私は一人の有権者を排除することを拒否します… [but] さらに、「自由党には、オランダの欧州離脱を望む、欧州連合からの離脱を望む、気候問題を無視するなどの政策があり、それはこの国を完全に破壊することになる」と付け加えた。

ウムトシグト氏は、ワイルダース氏の反イスラム政策がオランダ憲法に謳われている表現や宗教の自由に反するとして、同氏への参加を強く否定した。

とはいえ、ワイルダース氏が最大政党の一つとして選挙から撤退することは、緑の左翼連合の支持者にとっては悪夢のようなシナリオだろう。 ティマーマンスのチームは、この可能性により、まだ決断をしていない進歩的な人々が、極右を排除する戦術的に彼らに投票するよう説得できることを期待している。

「チルゴシュ氏が政府内でワイルダース氏に道を開いたのは明らかだ。これは誰かが国の運営と100万人のオランダ人追放に関与していることを意味する。」 [Muslims] 「二級国民として」とティマーマンズ氏は語った。

READ  アイスランド、地震の激化と火山噴火の恐れから非常事態を宣言