7月 17, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

オーストラリア、日本の厳しい試練を乗り越え決勝へ復帰 – FIBA​​ U18女子アジアカップ2024

オーストラリア、日本の厳しい試練を乗り越え決勝へ復帰 – FIBA​​ U18女子アジアカップ2024

深セン(中国) – オーストラリアは土曜日の夜、龍華文化スポーツセンターで開催されるFIBA U18女子アジアカップ2024の決勝戦に進出するため、これまでで最も厳しい試合を68対63で日本に勝利し、決勝に進出した。

コンテンツを表示するには、ターゲティング Cookie を受け入れる必要があります

モニーク・ウィリアムズとローラ・チョンボーイが試合終了間際に逆転弾を決め、最終的に小柄で意地悪な日本人をかわし、さらに重要なことに連覇への挑戦を継続させた。

今彼らは、開催国である中国と韓国のもう一方の準決勝の勝者を待っている。この試合は夜遅くに行われ、ラストダンスで対戦相手が分かる。

ゲームのヒーロー: ソムファイは19得点、10リバウンド、3アシスト、1ブロックでゲームハイの21得点を記録し、再びレイダーズをリードした。

サフラン・シールズは14得点、11リバウンド、4アシストを記録した。 ボニー・ディーズが10得点を落とし、ウィリアムズが8得点8リバウンドを加えた。

ターニングポイント: ウィリアムズの三塁打は試合全体でわずか1本だったが、残り3分41秒時点でオーストラリアに61対59とリードを与えた。

シールズとソムファイが重要なバケットを決め、残り1分を切った時点でリードを65-61に押し上げると、ジェムズは決して後を追うことはなかった。

エミリヤ・タキッチはティアドロップベースラインドライブで日本人から戦いを制し、残り29.7秒で67-61とした。

統計は嘘をつきません。 オーストラリアは65リバウンドを集めるためにサイズと強さを課したが、主に日本がフロアを走り、特に序盤で非常に効率的にショットを決めたため、試合は接戦となった。

堀内さくら暁はフィールドゴール成功率46パーセントで18得点を挙げて日本のペースを作ったが、彼らの勇敢さは結局及ばなかった。

FIBA

READ  アマゾン株は安定を維持するのに役立っていますが、利上げの可能性は市場よりも高いです