7月 24, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

カワイ・レナードが五輪代表から外れ、代わりにデリック・ホワイトが就任の可能性:情報筋

カワイ・レナードが五輪代表から外れ、代わりにデリック・ホワイトが就任の可能性:情報筋

ラスベガス – 米国バスケットボール協会は水曜日、慢性的な膝の痛みと炎症に何ヶ月も苦しんでいる米国代表チームのスター、カワイ・レナードがパリオリンピックに米国代表として参加せず、交代することを発表した。

チーム関係者は、ボストン・セルティックスのデリック・ホワイトが元スターの有力な候補であると語った。

30歳のホワイトは、背の高い選手を守ることができる6フィート4インチのガードで、ボストン・セルティックスでNBAチャンピオンシップを終えたばかりで、2019年のワールドカップでは米国チームの一員だった。

33歳のレナードはチームUSAのトレーニングキャンプに参加し、すべての練習と試合でフィールドに立った。 痛めていた左膝の調子は良くなったと本人は主張し、コーチらは五輪に向けて全速力で「準備」しており、好調なパフォーマンスを見せていると述べた。

しかし、レナードとアメリカチームは、彼の膝のせいでレギュラーシーズン最後の8試合と、ダラス・マーベリックスとのプレーオフ第1ラウンドのロサンゼルス・クリッパーズのほとんどの試合を欠場したため、レナードは出場できないと判断した。困難が予想されるオリンピックのトーナメントで、必要なスピードでプレーする。

2021年、ケビン・ラブはチームUSAのメンバーとしてトレーニングキャンプに参加したが、慢性的な怪我によりフィットネスとパフォーマンスが許容レベルに達しなかったため棄権した。

クリッパーズとNBAはまた、レナードが今夏膝にさらなるダメージを与え、クリッパーズが20億ドルのアリーナを開くレギュラーシーズン開幕時の彼の地位を危うくする可能性があると懸念を表明したと関係者は述べた。 しかし、チームは選手たちが自国代表としてオリンピックに出場することを妨げることは許されないため、この決定は最終的にレナードとチームUSAによって下されたものである。

レナードは複数回の手術を受け、慢性炎症に苦しんでいる。 2023年は半月板断裂のためプレーオフの2試合に出場しただけで、2021年のプレーオフ中に前十字靭帯を断裂して2021-22シーズンを全休した。

一方、ホワイトはチームUSAの中でオールスターチームに選出されていない唯一の選手だった。 彼はボストン・セルティックスでキャリアハイの平均15.2得点を記録し、スリーポイントシュートの40%近くを成功させ、オールディフェンシブセカンドチームに指名された。

アメリカ代表チームもスターのケビン・デュラントをふくらはぎの負傷で欠いているが、デュラントは来週アブダビでフィールドに戻る可能性がある。

必読

(写真: ブライアン・バビノー/NBAE、ゲッティイメージズ経由)

READ  アンドレ・イグダーラがウォリアーズがまだNBAタイトルを獲得できると信じている理由 - NBCスポーツ・ベイエリアとカリフォルニア