7月 24, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ガザにおけるイスラエルとハマスの戦争:最新情報

ガザにおけるイスラエルとハマスの戦争:最新情報

イスラエル兵士は先週、イスラエル南部のガザとの国境近くで戦車の履帯を修復している。クレジット…ジャック・ゲズ/AFP – Getty Images

イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相は日曜夜、イスラエルテレビのインタビューで、イスラエルによる対ハマス戦争の激しい段階は「終わりに近づいている」と述べたが、これは紛争が終わりに近づいていることを意味するものではないと強調した。

イスラエルによる地上攻撃の最後の焦点となったガザ地区最南端の都市ラファでの作戦後、首相はイスラエルは「草を刈る」ことを続けると述べた。これはイスラエルの安全保障分野で長年使われてきた用語である。暴力行為を抑制することを目的とした武力の行使。 – 武装組織の刷新。

ネタニヤフ首相のコメントは、戦争が間もなく変化期に入る可能性があるというイスラエル高官らの最新の示唆だった。

イスラエルのヨアヴ・ギャラント国防相はバイデン政権当局者との会談のためワシントンを訪れており、その中には「ガザ地区の『フェーズC』への移行」について話し合うことが含まれると述べた。

イスラエル軍はハマスの軍事インフラを解体するか重大な損傷を与える瀬戸際にあるとしているが、政府は戦後のガザ管理に関する明確な計画を提示していない。

ネタニヤフ首相はインタビューの中で、できれば穏健アラブ諸国の支援を得て、戦後の民政には地元のパレスチナ人も含めることを示唆した。 同氏は、イスラエル軍は飛び地全体の安全管理を維持する必要があると述べた。

首相は、バイデン政権が推進する提案、つまり西側支援のパレスチナ自治政府にガザを引き渡すという提案は除外し続け、同自治政府は占領下のヨルダン川西岸の一部で限定的な自治を行使している。

先週、ガザ地区南部のカーン・ユニス。 イスラエル政府は、戦後のガザ管理に関する明確な計画を提示しなかった。 クレジット…イヤド・ババ/AFP – Getty Images

ネタニヤフ首相は「ハマスの翌日」を達成するには「まずハマスを排除しなければならない」と述べ、過激派組織を完全に排除するという長年の立場を繰り返したが、多くの専門家はこの目標には手が届かないとしている。

首相のコメントは、ネタニヤフ首相の有権者層にサービスを提供するイスラエルの右翼テレビ局チャンネル14のポピュリスト的で、しばしば意見の対立を招く毎夜のトーク番組「ザ・ペイトリオッツ」に行った44分間のインタビューで明らかになった。

ネタニヤフ首相は戦争開始以来、イスラエルの聴衆に対してヘブライ語でインタビューされることはほとんどなかった。 同氏は主にテレビでの声明、散発的な記者会見、またはビデオクリップを通じてイスラエル人とやり取りしながら、米国のネットワークに頻繁にインタビューに応じたことで国内の批判に直面してきた。

ネタニヤフ首相はまた、インタビュー中に停戦交渉の行き詰まりについても言及し、ガザで拘束されている人質120人の一部を返還することで「部分的」合意に達する用意があると一時は示唆したが、ネタニヤフ首相はすぐにこの声明を返した。

首相は一時休戦に合意し、人質の一部を解放し、その後戦争を再開する用意があると述べた。 この提案は、ネタニヤフ首相と戦時内閣が先月、人質全員を解放し恒久的な停戦に入るという暫定合意に達することに同意したイスラエルの提案(バイデン大統領と米国政府が支持した提案)と矛盾しているように見える。 国連安全保障理事会。

しかし日曜日のインタビューの別の時点で、ネタニヤフ首相は残りの人質全員を返還することに尽力していると述べ、イスラエルは人質のうち少なくとも3分の1が捕らわれの身で死亡したと述べた。

ネタニヤフ首相事務所は会見後に発表した短い声明の中で、合意に反対したのはイスラエルではなくハマスだと述べ、さらに次のように付け加えた。人質は生者も死者も。」

人質に代わって活動する「人質・行方不明者家族フォーラム」は、停戦提案を強行しないことは「人質120人を放棄し、国民に対する国家の道義的義務に違反する」と述べ、インタビューでのネタニヤフ首相の発言を非難した。

同団体は声明で「人質の家族は、政府とその指導者が私たちの愛する人の運命に対する基本的な約束を撤回することを許さない」と述べた。 「人質全員を返還する責任と義務は首相にある。」

ジョナサン・リース そして アダム・ラスゴン レポートに貢献しました。

READ  マクロン大統領、中国の習近平国家主席のフランス到着を受けてウクライナ戦争を最優先課題に据える