4月 15, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

コレガ誘拐:一斉に誘拐されたナイジェリアの男子生徒が解放

コレガ誘拐:一斉に誘拐されたナイジェリアの男子生徒が解放

  • ユスフ・アキンバル著
  • BBCニュース、ラゴス

画像ソース、 ナイジェリア軍

写真にコメントして、

解放後にここに写っている生徒もいるが、武装集団が入ってきたとき、生徒たちは校庭の集会場にいた。

今月初めに北西部の町コレガで起きた集団誘拐事件で武装集団に誘拐されたナイジェリアの男子生徒たちが「無傷で」解放されたと当局者が発表した。

カドゥナ州のオバ・サニ知事は、治安部隊の勇気のおかげで彼らは救出されたと述べた。

学校当局は280人以上の児童が誘拐されたと発表したが、軍は人質137人が解放されたと発表した。

彼女は、この作戦は身代金支払い期限の数日前である日曜日の早朝に行われたと付け加えた。

当局者はこの数字の不一致についてまだコメントしていない。

これまでの事件では、人質は森の中の隠れ家への数日間の旅の途中で、なんとか捕虜から逃れることに成功した。

政府高官は匿名を条件にBBCハウサに対し、コレガから連行された教師の1人が監禁中に死亡したと語った。 グループは合計17日間拘留された。

近年、バンディットとして知られる誘拐集団が、特に北西部で数千人を誘拐している。

過去1年間でそのような事件の件数は全体的に減少しているにもかかわらず、今月6件の集団誘拐事件がナイジェリア北部の一部を震撼させている。

誘拐犯は通常、身代金を支払った後に解放されます。

誘拐犯らは、8歳から15歳までのコレガ家の子供たちの解放に69万ドル(54万8000ポンド)を要求していた。 政府は身代金を支払わないと述べた。

サンニ知事は声明で「今日はまさに喜びの日だ」と述べ、誘拐された学童の「無傷」解放を確保したナイジェリアのボラ・ティヌブ大統領を称賛した。

軍報道官のエドワード・ブバ少将は、北西にカドゥナと国境を接するザンファラ州から少女76人と少年61人が救出されたと述べた。

軍はまた、バスに座ってほこりをかぶって疲れきった様子の子供たちの写真も公開した。

画像ソース、 ナイジェリア軍

写真にコメントして、

誘拐犯はコレガの子供たちの解放と引き換えに69万ドルを要求していた(日曜日の朝に撮影)

治安関係者はロイター通信に対し、学生らは森の中に解放され、家族との面会を許される前に健康診断のためカドゥナに連れて行かれたと語った。

集団誘拐は3月7日朝、中学校や高校が入る複合施設での集会中に発生した。

目撃者によると、学生たちは午前8時30分(日本時間午後7時30分)頃に集合場所にいたが、そのとき数十人の武装した男たちがバイクで侵入し、最終的に中学校の生徒187名と地元の小学校の生徒125名を連行したという。 何人の教師が誘拐されたかは明らかではない。 その後25人の生徒が戻ってきた。

14歳とみられる男子生徒が武装集団に射殺され死亡した。

ナイジェリア北西部における誘拐事件のほとんどは、身代金を稼ごうとする犯罪組織によって行われていると考えられています。

ナイジェリアで台頭し儲かる誘拐産業を抑制する試みとして、身代金の支払いを犯罪とする物議を醸す法律が2022年に可決された。 少なくとも15年の懲役が科せられるが、逮捕された人はいない。

今年初め、首都アブジャで誘拐された姉妹グループの家族は、治安部隊が少女たちを救出したという警察の発表を否定し、身代金を支払う以外に選択肢はなかったと述べた。

2014年にイスラム過激派ボコ・ハラムグループがナイジェリア北東部の町チボクで300人近くの少女を誘拐したとき、世界的な怒りが起きた。

被害者のほとんどはその後釈放されるか逃亡したが、数十人が今も行方不明となっている。

軍は土曜日、コレガ襲撃の数日後に同じく北西部ソコトの学校から誘拐された学生17人と女性1人を救出したと発表した。

以下にも興味があるかもしれません:

READ  マーク・ミリー将軍は、ウクライナで10万人のロシア兵が死傷したと述べた