6月 16, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ショーン・コムズ、新たな訴訟で性的暴行で告発

ショーン・コムズ、新たな訴訟で性的暴行で告発

元モデルが火曜日、ヒップホップ界の大御所ショーン・コムズが2003年にニューヨーク市のレコーディングスタジオでオーラルセックスを強要したとして告訴した。

クリスタル・マッキニーさんは訴状の中で、自身が22歳のとき、無名のファッションデザイナーにマンハッタンのレストランで開催されたメンズファッションウィークのイベントに招待され、そこでアートディレクターで有名なレコードの司会者だったコムズ氏と出会ったと述べている。ラベル。 MTVのリアリティ番組「メイキング・ザ・バンド」より。

訴状によると、その夜遅く、コムズ氏はマッキニーさんを自身のレコーディングスタジオに招待し、マッキニーさんはそこでアルコールとマリファナを手に入れたが、後にそれが添えられていたと信じていたと述べている。 彼女によると、コムズ氏は彼女をバスルームに連れて行き、彼女の頭をペニスに押し込み、彼女が拒否した後、オーラルセックスを強要したという。 訴状によると、彼女は直後に意識を失い、その後タクシーの中で目覚め、性的暴行を受けたことに気づいたという。

コムズ氏の代理人は訴訟に関するコメントの要請にすぐには応じなかった。

54歳のコムズさんは、元ガールフレンドのカサンドラ・ベンチュラさん(通称キャシー)が長年彼女に性的・身体的暴行を加えたとして昨年訴訟を起こして以来、法的問題が深刻化している。 この訴訟は1日で和解したが、その後、彼を強姦容疑で告発した女性らからさらに3件の訴訟が続いた。 3月には捜査の一環としてコムズ氏の自宅2軒が家宅捜索され、当局は少なくとも部分的には人身売買捜査であると述べた。

パフ・ダディやディディとして知られるプロデューサー兼実業家は、自身に対する告発は虚偽で「うんざりする」ものであり、原告らは「手っ取り早い給料日」を求めていると述べた。

コームズ氏の行動は、ベンチュラさんが昨年起こした訴訟の一部を裏付ける形で、ベンチュラさんを殴ったり、蹴ったり、引きずったりする2016年の映像をCNNが公開して以来、ここ数日で厳しい監視の対象となっている。 同氏は日曜日、インスタグラムに投稿した動画で「あの動画での私の行動は不当だった」と謝罪した。

マンハッタンの連邦地方裁判所に訴訟を起こしたマッキニーさんは、コムズ氏に対する他の訴訟を知り、自ら訴訟を起こすきっかけになったと語った。 これらの請求は20年以上前のものであり、時効を過ぎているため、訴訟はニューヨーク市法に基づいて提起される ジェンダーに基づく暴力法の被害者これにより、被告は、時効が経過した後に、限られた期間内で、請求を含む民事告訴を提起することができます。

コムズ氏の代理人を務める弁護士ジョナサン・デイビス氏は、別の暴行訴訟で、性的暴行の時効を特に延長する別の州法がすでに期限切れとなっているため、性暴力法を利用してそのような訴訟を続行すべきではないと主張した。

READ  ローマでニック・ジョナスのハートを抱くプリヤンカー・チョープラーの写真