7月 17, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ジョーンズ氏、オーストラリアの大失敗を後悔、日本とのつながりにもかかわらず仕事に「コミット」

ジョーンズ氏、オーストラリアの大失敗を後悔、日本とのつながりにもかかわらず仕事に「コミット」

オーストラリアのヘッドコーチ、エディー・ジョーンズは日曜、ワラビーズがウェールズに記録的な敗北を喫したことを謝罪したが、自分はその仕事に「全力で取り組んでいる」と主張した。

ジョーンズ氏はラグビーワールドカップで40対6で敗れた後、「オーストラリアのサポーター全員に謝罪したい」と語った。

オーストラリアのメディアの報道によると、ジョーンズは試合後、チームの引き継ぎについて日本連盟からインタビューを受けたという。

ジョーンズ氏は、インタビューとされる内容について質問されると「おい、何のことを言っているのか分からない」と述べ、その後、ジョーンズ氏の関与を疑問視する人々に対して「憤慨」した。

広告 – スクロールして続行してください

確かかと尋ねると、彼は「100パーセント」と答えた。

「私は助けようとオーストラリアに戻ってきました。現時点ではあまり援助を受けていません。

「しかし、それは私の支援への取り組みが変わったという意味ではありません。私は誇りに思っているオーストラリア人であり、オーストラリアのラグビーが私たちと同じようにひどい成績を収めるのを見るのは特に嫌いです。特に私の任期中はそうです。」

広告 – スクロールして続行してください

オーストラリアは63歳の同氏が2期目に代表チームに復帰して以来、8試合中7敗を喫している。

2003年ワールドカップではデビュー戦で決勝進出を果たした。

しかしジョーンズ氏は、オーストラリアのラグビーはコーチングの問題や成績不振の選手以上に修正すべき点が多いと語った。

広告 – スクロールして続行してください

「我々が改善する必要があるのはワラビーズだけではない。オーストラリアのラグビー全体の構造を改善する必要がある」と彼は語った。

「それは言い訳ではないが、自分たちが何をしているのか、自分たちのラグビーをどのように進めているのかを知るために、自分たちをよく見つめる必要がある」

日曜日のリヨンでの敗北に関して言えば、これはオーストラリアにとってワールドカップで最も重い敗北であり、ウェールズに対しても最も重い敗北であり、1975年の28対3の逆転を上回るものとなった。

広告 – スクロールして続行してください

「まずオーストラリアのサポーター全員に謝罪したい」と取り乱したジョーンズ氏は語った。

「多くの人がここを旅行し、(オーストラリアでは)夜遅くまで起きていた人も多かったと思います。

「私たちのパフォーマンスは基準に達していませんでした。お詫びし、その責任はすべて私にあります。」

広告 – スクロールして続行してください

「彼らは若いチームであり、我々は非常に残念に思っている。彼らは全力を尽くしたが、現時点では我々はウェールズのようなチームにプレッシャーをかけるほどの試合の安定性を持っていない。」

ジョーンズ氏は自分には「物事を変える能力」があると主張した。 彼はまた、経験豊富な国際選手の元主将マイケル・フーパーとフライハーフのバーナード・フォーリーとクエイド・クーパーをチームから外すという決定を擁護した。

後者の決断は、22歳のカーター・ゴードンも24歳のベン・ドナルドソンもトップレベルの国際ラグビーチームに入ることができなかったフランスでは特にダメージを与えた。

「私はオーストラリアを立て直すためにこの仕事に就いたが、プレーしていた選手たちではそれができなかったと思う」とジョーンズは語った。

「我々には新たな変化が必要だと思う。もちろん、今の若者は環境と闘っているが、そのような経験を積まなければ、プレーできる選手に成長することはないだろう。

「今はとても苦しい時期だが、誤解しないでほしいが、若いチームや若い選手にとっては、試合やテストレベルでどうあるべきかを学ぶ素晴らしい時期だ」

パソコン/PSP

READ  7人のグループは日本の団結を促進することを目的としています