2月 28, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

スイスのホルシム社が米国のセメント事業を分離する計画

スイスのホルシム社が米国のセメント事業を分離する計画

エディターズ ダイジェストを無料で開く

スイスのセメント大手ホルシムは、価値を解き放ちユニットの成長を加速させるため、北米事業を分離して米国で上場する計画だ。

ツークに本拠を置くグループはまた、欧州事業責任者のミルジャン・グトヴィッチ氏が5月からグループCEOに就任すると発表した。 退任するヤン・イェーニシュ大統領は引き続き大統領となり、計画されている分離を主導する。

「当社は北米で非常に成功しているが、子会社として経営するには大きすぎる」とジニシュ氏はフィナンシャル・タイムズに語った。 「当社にはすべてのツールがあり、すべてのサプライチェーンが整備されています。しかし、より重点を置いた管理が必要でした。」

ホルシムは約 10 年前、フランスのラファージュ社とスイスのホルシム社が合併して設立され、世界最大のセメント会社が誕生しました。 しかし、この合併は上級指導部間のエゴの対立によって複雑化し、ラファージ氏のシリアのテロ組織への支払いに関わる以前のスキャンダルが、この取引後も同社を悩ませた。

その後、ホルシム株は伸び悩んだ。 日曜日に策定された計画に基づき、ホルシムは北米事業の「完全な資本市場スピンオフ」を完了する予定で、スピンオフの最終構造は今年後半に完成する予定で、米国での上場も完了する予定だ。第1四半期に。 株主の承認が得られれば2025年半年。

欧州企業は、より高いバリュエーション、より大きな市場流動性、アナリストのカバレッジを実現するために、米国の上場に注目しています。 世界最大の建材グループであるCRHは昨年、主要上場先をロンドンからニューヨークに移した。 同社の株価は過去1年間でほぼ50%上昇し、CRHの価値は現在392億ポンド(498億ドル)となっている。

ホルシムの時価総額は約372億スイスフラン(431億ドル)だが、昨年の売上高の約40%を占めているにもかかわらず、ジニシュ氏は、北米における同社の価値は300億ドルの「概算」に達する可能性があると述べた。 。

北米事業の2023年の純売上高は約110億ドルと推定されているが、同社は米国の建設セクターのブームに乗じて、10年末までに純売上高を200億ドル以上に増やすことを目指していると述べた。 。 バイデン政権の政策がきっかけとなったインフラ投資。

同社は米国とカナダに約 850 の拠点と 16,000 人の従業員を擁し、買収を通じて北米事業を構築してきました。 2021年に日本のブリヂストンからファイアストン・ビルディング・プロダクツを34億ドルで買収することで合意した。

ジニシュ氏はフィナンシャル・タイムズに対し、同社は米国に「買収プロジェクトのパイプライン」があると語った。 同氏は、買収資金を支援するために米国で株式を上場することで、北米での取引成立の取り組みがさらに促進されるだろうと述べた。

同社は、「脱炭素化と合併・買収」もスイスに拠点を置く同社のスピンオフ後の成長を促進すると述べた。

ホルシムなどの建材メーカーは、セメントやコンクリートなどの製品の二酸化炭素排出量のせいで、近年、気候変動に敏感な投資家からの人気が落ちている。 ホルシムは近年、より環境に優しい建築への事業転換を図っており、「建物の脱炭素化」における自社の役割を強調している。

ホルシムは分社化後もスイスでの上場を維持し、欧州、アジア、中東、アフリカ、ラテンアメリカ全域で存在感を示す。

READ  シルバーゲート銀行は、暗号通貨業界に打撃を与えて業務を縮小しています