5月 17, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ソニーとホンダは一緒に電気自動車を作ることを計画している

ソニーとホンダは一緒に電気自動車を作ることを計画している

ソニーとホンダは、電気自動車を共同で設計・販売する新会社を設立する予定です。 プロジェクトはまだ完了していませんが、両社はその意図を述べた覚書に署名しました。 今年はまだ名前のない新会社が設立され、2025年に最初のEVモデルの販売が計画されています。

ホンダが最初のモデルを製造し、新会社が車両の設計、開発、販売を引き継ぎ、ソニーがモビリティサービスプラットフォームを開発します。 このパートナーシップは、ホンダの自動車に関する専門知識とマーケティングを、イメージセンサー、通信、エンターテインメントにおけるソニーの機能と組み合わせることを目的としています。

ソニーの吉田憲一郎CEOは次のように述べています。 声明。 「自動車業界で長年にわたりグローバルな経験と実績を積み重ね、この分野で革新的なブレークスルーを続けてきたホンダとのこの提携を通じて、私たちは「モビリティスペースを感情的なスペースにする」というビジョンに基づいて構築していきます。中心的なモビリティの進化に貢献します。安全性、エンターテインメント、適応性について。」

ソニーのVision-S車は以前に発表されました。

ホンダの三部敏宏最高経営責任者(CEO)は、「新会社は、顧客の期待や想像を超える価値を創造するための幅広く野心的なアプローチを通じて、世界中のモビリティの革新、進化、拡大の最前線に立つことを目指します」と述べています。 「これは、ホンダの最新の技術と環境と安全に関するノウハウを活用し、両社の技術資産を調整することで実現します。ソニーとホンダは歴史的、文化的に多くの類似点を共有していますが、技術の専門分野は大きく異なります。両社の強みを結集するこの提携は、モビリティの未来に大きな可能性をもたらすことを願っています。」

ソニーはしばらくの間、自動車業界に参入する意向を示してきましたが、これは商業業界への最初の具体的な動きです。 ソニーはCES2020で、Vision-Sと呼ばれる電気コンセプトカーをデモンストレーションし、CES 2022でVision-S 02をフォローアップしました。当時、ソニーは2022年春までにSonyMobilityという運営会社を設立する計画を発表しました。 ホンダの新しいパートナーシップは、この考えに疑問を投げかけたようです。

READ  世界の株式は2022年に初めて週次の連続上昇に備えています