7月 23, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ゾンビ住宅ローンが住宅所有者を悩ませており、現在差し押さえに直面している

ゾンビ住宅ローンが住宅所有者を悩ませており、現在差し押さえに直面している

衝撃的な報道によると、何千人もの住宅所有者が、企業が購入した「不良住宅ローン」によって住宅を失う危険にさらされており、中には知らないうちに差し押さえに追い込まれる人もいるという。

2004 年から 2008 年のサブプライム住宅バブルの際に取り乱した住宅所有者の多くは 2 番目の住宅ローンを借りましたが、それは償却されたと思っていましたが、その後、住宅ローンが再び自分たちを悩ませていることを知りました。

NPRによる調査 過去 2 年以内に差し押さえ行為が開始された古い第 2 住宅ローンが少なくとも 10,000 件見つかった。

マサチューセッツ州クインシーに住むカレン・マクドノーさんは、自宅が差し押さえられたことを知りショックを受けた。 カレン・マクドノー/フェイスブック

国立消費者法センターの弁護士アンドレア・ポープ・スターク氏は、「私にとってこの数字は非常に恐ろしい」と語った。

この問題はアメリカ全土に広く広がることが懸念されている。

「これらの差し押さえ申請の件数、あるいは少なくともこれらの債務の回収の試みを見ると、その数は個々の管轄区域で、それ以上ではないにしても、数千件に急増していることがわかります。」 クレイトン大学法学部教授のデイビッド・ウェバー氏は次のように述べています。 ニューヨーク・タイムズ

「それはとても活発な活動ですね。」

NPRの報道によると、2年前、ある春の朝、マサチューセッツ州の看護師が玄関から出ると、自宅を売却するつもりでクインシーの自宅近くに20台の車が駐車されているのを見つけた。

「何か本当に悪いことが起こったような気がしました…近所の人が亡くなったような気がしました。」 マクドノー氏はNPRに語った。

自宅に到着した人の一人に近づくと、「あなたの家を売ります」と言われました。

「これは差し押さえだ。あなたはこの家を失うことになる。」

それはマクドノーを驚かせた。 彼女はその家を17年間所有しており、住宅ローンを支払っていました。

マクドノーさんは、解決したと思っていたいわゆる「ゾンビ住宅ローン」の被害者となった。 カレン・マクドノー/フェイスブック

しかし、彼らは彼女の家に「ゾンビ」の抵当権を持っていましたが、彼女はそれを知りませんでした。

彼女は 2005 年に「80/20」ローンで 365,000 ドルで家を購入しました。 1つの住宅ローンは住宅価格の80%(29万2,000ドル)をカバーし、もう1つは残りの20%(7万3,000ドル相当)をカバーしました。

「これまで応募した中で一番簡単だった」とマクドノーさんはNPRに語った。 「書類に必要事項を記入して提出し、承認されました。」

マクドノーさんは最初の 2 年間は住宅ローンを支払っていましたが、2 年目以降は金利が上昇し、月々の請求額が 700 ドル増加しました。

彼女が住宅ローンの変更を要求したとき、両方のローンを返済している会社から、2番目の住宅ローンが免除されたと知らされたと彼女は述べた。

マクドノーさんは2005年に住宅購入のためにローンを組んだ。 カレン・マクドノー/フェイスブック

「私は実際に自宅のキッチンにいて、夕食を準備していて担当者と話していました…そして、彼はもう二度と住宅ローンを支払う必要はないと言いました。」

「ローンの修正にとても感謝していたので、何の疑問も抱きませんでした。」

マクドノーさんは、20%融資に関するデータはもう受け取っていないと語った。 しかし最近になって、お金を要求する電話がかかってくるようになりました。

それらの電話は詐欺​​だと思い、無視しました。

彼女は、ローンの1つが免除されたと言われたと語った。 カレン・マクドノー/フェイスブック

その時彼女が受け取った手紙は、彼女がこれまで聞いたこともなかったファースト・アメリカン・ナショナル社からのものでした。

「それには金額が書かれていて、彼らはそれを支払おうとしていたのです…7万7000ドルとか」と彼女は語った。 「私はある意味信じられない気持ちでした。」

マクドノーさんはNPRに対し、ファースト・アメリカン・ナショナル社が彼女に電話をかけ続け、支払わなければ差し押さえると脅迫したと語った。

マクドノー氏が最初の住宅ローンを提供した会社に電話したところ、詐欺の可能性が高いと言われたと彼女は語った。

「私は神経衰弱になったかのように、電話で彼らと一緒に泣いていました」とマクドノーさんは語った。

「そして彼らは、私たちがあなたを助けるかのように言い続けました。これで家を失うことはできません。」

しかし、彼女の懸念は正当化されました。

デラウェア州に登録され、所有者の身元が法律で保護されているLLCは、2008年の住宅市場暴落を受けて、住宅ローンのパッケージを1ドルで1ペニーで購入した。当時、銀行は住宅市場崩壊時に非常に安く販売していた。

暴落後に住宅価格が下がったため、住宅ローンは無価値になった。 しかし、その後数年で住宅の価値が上昇すると、ローンを購入した投資家は現金化しようとしました。

彼女が36万5,000ドルで購入したマクドノーの家は、現在60万ドルの価値がある。

「ゾンビ住宅ローン」とは、2008 年の住宅危機を受けて 1 ドルで販売されたローンです。 ステップヒップ – Stock.adobe.com

ファースト・アメリカン・ナショナルさんは自宅を競売で17万8500ドルで購入し、自宅の法的所有者となっている。 しかし、マクドノーさんは、会社が不当で欺瞞的な行為を行って自宅を差し押さえたとして訴訟を起こした後も、今も自宅に住んでいる。

彼女は最初の住宅ローンの支払いを続けています。

「起こったことはひどいことだったと思う」とマクドノーさんは語った。

「でも、私は今でも家に居られることを心から願っています。この訴訟で勝てることを心から願っています。」

マクドノーさんの弁護士は、免除されると言われた2番目の住宅ローンが、2020年に他の約600件の住宅ローンとともに、ファースト・アメリカン・ナショナルに関連するLLCに売却されたと主張している。

非営利団体グレーター・ボストン・リーガル・サービスの弁護士トッド・カプラン氏は、「彼らが組織的かつ意図的に法律に違反したと我々は考えている」とNPRに語った。

ニュージャージー州に本拠を置く小規模企業ファースト・アメリカン・ナショナル社はアイラ・ベイリー氏が経営しており、同氏はNPRに対し、約20年間第二の住宅ローンを購入していると語った。

READ  Tesla、NIO、Rivian、AMC、Apple などの株式市場の動向