1月 19, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ダミアン・マッケンジーは10歳で日本でプレーしたいと思っています

ニュージーランドのユーティリティバックであるダミアン・マッケンジーは、サントリ・スンゴリアットが日本ラグビーリーグ1の準決勝で東京に出場し、フランスで開催される2023年ラグビーワールドカップのカントリーチームに参加したいと述べています。

マッケンジーは、フライハーフとフルバックで快適であり、昨シーズン、サントリーサンゴリアスは、東京で生後6か月の同僚であるオールブラックブトンバレットの後任として日本にいました。

彼の要求を提示することを熱望している

バレットは、リッチー・モユンガとのフライハーフバースをめぐるオールブラックスの戦いに参加していますが、マッケンジーは、切望されている10番ジャージも獲得したいと考えています。

元チーフスの選手は、1月上旬にジャパンラグビーリーグワンキャンペーンを開始する準備をしていますが、スタンドオフでプレーしたいという願望にもかかわらず、フルバックに満足しています。

「スタンドオフ(フライホフ)をプレイしたい。彼はこの試合で私をもっとうまく使えると思う」とマッケンジーはAFPに語った。

「しかし、私は全体を再生したり、チームが私を必要としている場所で再生したりすることを楽しんでいます。 サントリサンゴリアでは、チームの最初の考え方がありますが、私はスタンドオフをするのが好きです。

26歳の彼は、ボタンバレットまたはモンガフライハーフから始めて、2021年のほとんどの間、オールブラックスの交換用ベンチに座る必要があり、ジョーディーバレットによってフルバックで選ばれたと語った。

マッケンジーは、ニュージーランドの2023年ワールドカップチームに参加するために一生懸命努力しなければならないことを知っていますが、日本への移籍は彼に優位性を与えると信じています。

怪我のために2019年のワールドカップから除外されたマッケンジーは、次のように述べています。

「私は自分に自信があります。私は日本のラグビーと日本の文化を受け入れるだけでなく、ゲームを開発するためにここにいます。ここでそれを行って家に持ち帰ることができると思います。

READ  ユロは日本で金と銅を獲得しました