9月 19, 2021

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

チームは非常事態を拡大しています

日本政府に助言する専門家委員会は、コロナウイルスの緊急事態を現在の6州から13州に拡大する計画を承認しました。 移転は9月12日まで延長されます。

グループは火曜日の朝に会った。 コロナウイルスへの対応を担当する西村康稔経済復興相は、1日あたりの症例数は全国で最も多く、数日で2万人を超えると述べた。

西村氏は、特に東京とその周辺地域の医療資源は深刻な影響を受けていると付け加えた。 専門家は、状況が「壊滅的な」レベルに近づいていると言い、救われる可能性のある人命の損失を警告しています。

東京、大阪、その他の4つの州はすでに緊急事態にあり、最初は8月末まで続きます。 この計画では、金曜日にさらに7つの州がリストに追加されます。 茨城、栃木、くんま、獅子岡、京都、兵子、福岡です。

委員会はまた、中央集権的な制限を伴う完全な緊急事態の下に10の州を置き、合計16の州を指名することに合意した。

影響を受けるすべての州で、アルコールの提供およびその他の活動は9月12日まで有効になります。

当局はまた、訪問者の数を管理するために、1,000平方メートル以上の床、ショッピングモール、およびその他のビジネス施設を要求することが期待されています。 この動きは、人々が拡散のリスクが高い地域に行くのを防ぐことを目的としています。

計画は、火曜日の夜に行われる政府のワーキンググループ会議で、食事の後に最終決定されます。

READ  日本の福岡でプレゼンスを拡大するGenpact