2月 3, 2023

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

トム・マーカンドは日本で再び走ることを熱望している

この 24 歳の女性は、妻で騎手仲間のホリー ドイルとともに、香港で開催された国際騎手選手権大会に過去 2 回出場した後、9 週間日本に滞在しました。

2021 年にカップルが初めて日本を訪れたのは、Covid の制限が彼らの計画を台無しにしたためでした。熱心な日本のファンはすぐに彼らを心に留めました。

ジャパンカップのデアリング タクティックで 16 人の勝者を獲得し、4 位に終わった後、マルカンドは有馬紀南のジャスティン パレスで再びグループ 1 に参加した後に呼び出された場合、戻ってくるのを待ちきれません。

「レースに携わるすべての人が見なければならない場所の1つだ」と彼は語った。

「人々がそれについてあなたに話すことができる限り、実際に行って少なくとも2週間それを体験するまで、それはかなりクレイジーです.

「誰もがそこに出てみるべきだ。レースを除けば、ここは素晴らしい国だ。すぐにでも戻ってきたい」

1月16日にウルバーハンプトンで転倒し、ひじを骨折して欠場したマーカンドとドイルは、今年後半に復帰を申請する予定だ。

「今年は間違いなく戻ってくるつもりだ」と彼は言った。

「残念ながら、オーストラリアのように『行きたい、行きます』と言うほど簡単ではありません。

「しかし、私たちが十分に成功した旅をしたことがあなたの助けになることを願っています。ライセンス申請は、前年からのあなたの成功に基づいているため、2022年にイングランドで行ったことに基づいています.

「私たちはチャンピオンシップで2位に並んでおり、イングランドでトップ3に入るか、グループ1の2人の大きな勝者に乗っている必要があります。昨年は2人とも3人だったので、再び参加するには十分です。」

READ  フィリップ電話卒業式-3G時代の日本生活の驚くほど感動的な見方【Vid