7月 24, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

トラフ建築設計事務所の日本クリエイションセンターは、デザイナーのための「外」の協働空間です。

トラフ建築設計事務所の日本クリエイションセンターは、デザイナーのための「外」の協働空間です。

トラフ建築設計事務所がアークテリクスの日本本社を公開

トラフ建築設計事務所 表現します 東京 クリエーション センター、 本部 アウトドア用品会社アークテリクスへ。 ブランドの本社とは別に、この多層的な 更新しました 強化された コンクリート この建物は、国内外のデザイナーがアスリートとともに製品のデザイン、開発、プロトタイピングに協力する拠点として機能します。 「Outside In」のデザインコンセプトは、屋内と屋外の空間のつながりを促進します。 施設は地下1階、地下2階からなり、1階は縫製・試作品の作業エリア、2階はデザイナー向けのオフィス、地下には多目的交流スペース、生地裁断工房、倉庫、展示場などがあります。 屋根 自然の風景が広がる集いの場。


すべての画像 富木賢学礼儀 トラフ建築設計事務所

東京クリエーションセンターは都市の文化と美学を反映しています

訪問者は、アークテリックスのイニシャルを形づくる、傾斜した藍染めの板で作られた自動ドアを通って入場します。 内部では、トラフ建築設計事務所がアトリウムに面した壁をヒノキの陳列棚で覆い、ブランドのアーカイブを展示し、日本と東京の文化、職人技、美学を反映させました。 ミシンを中心とした生産エリアは、扇型のカッティングテーブルと吸音効果のある檜ルーバー天井を配した円形レイアウト。 の 建築とデザインのデュオ このスペースに隣接して、彼は日本の山の景色を思い出させる中庭の景色を望むオフィスを設置しました。 世界的なデザイナー向けに設計された 2 階のオフィス スペースには、デスクの近くに大きなカッティング テーブルがあり、個人作業と共同作業の間の移行が容易です。 1階から棚を展示し、標準天井レベルとの統一感を重視。

トラフ建築設計事務所の日本クリエイションセンターは、デザイナーのための「外」の協働空間です。
鉄筋コンクリートの建物をリノベーションしたデザイナーズセンター

施設内には山をテーマにしたアート作品が展示されている

地下のイベントスペースは3枚の引き戸で完全にオープンし、屋内外のイベントに対応します。 ガラスの壁で仕切られた工房は、整理整頓された材料や道具で支えられています。 ライトカーテン天井は作業効率を向上させ、階段を通って地下と1階を繋ぎ、ギャラリーのような効果を生み出します。 外階段でアクセスできる屋上には、リラックスできる2層のテラスがあります。 保存されていた12本の柳瀬月の丸太から作られたベンチは、夜にはライトアップされリング状を描き、特別な景観を楽しむことができます。 このデザインは、自然とデザイン コミュニケーションに対するアークテリクスの取り組みを体現しています。 施設内にはブランドのアイデンティティを反映した山をテーマにしたアートワークも展示されている。 地下会議室には、和紙職人・羽多野渉の直筆作品、1階オフィス近くの藍農家・染工・武相宗の作品、TSUBAKIの中庭にある日本の植物のアートワーク、日本人アーティスト石山和宏によるヒマラヤ山脈の二次元粒子の注目すべき作品が展示されています。 。 ラウンジ、2階会議室には漫画家横山裕一による富士山の詩的なモチーフのウォールアートが飾られています。

トラフ建築設計事務所の日本クリエイションセンターは、デザイナーのための「外」の協働空間です。
訪問者は、Arcteryx のイニシャルを形どった、斜めの藍染めの板で作られた自動ドアを通って入場します。

トラフ建築設計事務所の日本クリエーションセンターは、デザイナーのための「外」の協働空間です。
施設内は1階が試作品の縫製・作業エリア、2階がデザイナーのオフィスなどとなっている。

トラフ建築設計事務所の日本クリエイションセンターは、デザイナーのための「外」の協働空間です。
日本の山の景色を彷彿とさせる中庭に面したオフィス

トラフ建築設計事務所の日本クリエイションセンターは、デザイナーのための「外」の協働空間です。
2階執務スペースにはデスク近くの大型カッティングテーブルを設置

READ  日銀の関係者によると、企業が「現金」モデルを放棄するにつれて、日本の価格圧力は高まっている。