12月 1, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

バイデン氏は北朝鮮のミサイル実験後、日本の岸田首相と会談

ワシントン – ジョー・バイデン大統領は火曜日、日本の岸田文夫首相と会談し、次のステップについて話し合った。 北朝鮮は史上最長の試験発射を行った 日本上空に核弾頭ミサイルを発射する。

ホワイトハウスは声明で、「北朝鮮のミサイル実験は、日本国民を危険にさらし、地域を不安定化させ、国連安保理決議に明らかに違反するものであり、最も強い言葉で非難する」と述べた。

ホワイトハウスは、指導者が韓国および国際社会との即時および長期的な対応を調整することに合意したと述べた。 彼らはまた、北朝鮮の「違法なミサイルと破壊的なプログラムを支援する能力」を抑制することを約束した。

北朝鮮は今年、約20回の異なるミサイルイベントで約40発のミサイルをテストしており、その指導者である金正恩は米国との核外交に戻ることを拒否しましたが、火曜日のテストは依然として挑発的でした.

北朝鮮は火曜日、10日間で5回目の兵器実験を開始した。 テスト範囲は、先週、ワシントンとソウル、およびワシントン、ソウル、東京が関与する朝鮮半島の東海岸での2つの軍事演習への明らかな対応です。

以前、バイデンの国家安全保障担当補佐官ジェイク・サリバンは、日本の秋葉妙子事務総長と韓国のキム・チュンハン国家安全保障局長と会談し、北朝鮮の挑発について話し合った.

ホワイトハウスによると、バイデン氏と岸田氏は北朝鮮による日本人拉致事件についても話し合ったという。

バイデン政権の当局者は、北朝鮮が米国とその太平洋の同盟国を挑発しようとしていることにますます懸念を抱いている。

先月、バイデン政権は、ロシア人であると信じていた米国の諜報機関による発見を分類しました。 北朝鮮が軍事装備を購入 ウクライナでの戦いのために。

北朝鮮はまた、ヨーロッパの大部分と西側諸国が引き離す中、ロシアとの関係を強化しようとしており、ウクライナ危機は米国のせいだとし、西側諸国の「覇権政策」は自国を守るためのウクライナでのロシアの軍事行動を正当化すると述べている。

北朝鮮は、国の東部にあるロシア占領地域を再建するために建設労働者を派遣することに関心を示している。

READ  調査対象の日本人女性のほぼ半数がアイドル歌手やアニメの魅力を持っています