9月 28, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

バスケットボール| 日本はチームのFIBAアジアカップ開幕戦でカザフスタンを通過しました

渡邊雄太は21ポイントを獲得し、富中圭生は7月13日水曜日のFIBAアジアカップ開幕戦で日本の調子を整えるのに役立つ第3四半期の13ポイントで大きな影響を与えました。

暁ファイブはハーフタイムで48-45で引きずり、最後の20分間でグループCの敵カザフスタンを上回り、ジャカルタで100-68の勝利を収めました。

日本のトム・ハワス監督は、「試合中の努力には非常に満足しているが、後半の守備の努力とエネルギーは別のレベルに進んだと思う。それが今後必要なことだ」と語った。

制限付きフリーエージェントであるNBAのベテラン渡辺は、21得点と15分の8のシュートに加えて、チーム最高の29分以上をプレーしながら、8回のリバウンド、4回のアシスト、3回のブロックを行いました。 渡辺は昨年夏の東京オリンピック以来、代表チームにとって初めての試合となる。

B.リーグのファイティングイーグルス名古屋のインサイドアンカーである日本のビッグマン、ルーク・エヴァンズは、17ポイントと9リバウンドを追加しました。 西田裕太は、3ポイントの試みで4対5を含む16ポイントを貢献しました。 その他の重要な貢献は、津田裕太郎(9ポイント)と河村勇輝(8ポイントとゲームハイ8アシスト)、そしてスタートポイントガードのトカシユキ(6ポイントと5アシスト)からのものでした。

全文を読む ここジャパンフォワードのスポーツ専用サイトで、 スポーツルック

著者:Ed Odeven

日本のフォワードの8つをフォロー [Japan Sports Notebook] ここ 日曜日、 [Odds and Evens] ここ 週の間に、そしてツイッター @ ed_odevenそして彼を見つける ジャパンフォワードのスポーツ専用サイトで、 スポーツルック

READ  日本のアリス・イン・ボーダーランドがNetflixにやってくる