7月 17, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

バックリー: パットは、価格を知る前に、デアンドレ・ホプキンスがマック・ジョーンズを助けることができると考えていました…

バックリー: パットは、価格を知る前に、デアンドレ・ホプキンスがマック・ジョーンズを助けることができると考えていました…

ペイトリオッツがフリーエージェントをワイドに獲得することに消極的であるということについて、デアンドレ・ホプキンスは1月にジレット・スタジアムのプレスリリースを思い出した。

「ニューイングランド・ペイトリオッツとヘッドコーチのビル・ベリチックは、ジェロッド・メイヨとの契約延長交渉を開始し、彼を長期的にチームに残すことを目指した」と記事は始まった。

しかし、今日の議論の目的としては、次の文が重要です。

また、チームは来週から攻撃コーディネーター候補者の面接を開始する。

翻訳: ニューイングランド・ペイトリオッツは、クォーターバックのマック・ジョーンズが、多くの人がその能力があると信じているクォーターバックになれるよう全力を尽くすことに取り組んでいます。

右?

チームのおなじみのフライング エルビスのロゴがエディションの上部に表示され、背景には 6 つのロンバルディ トロフィーが刻まれています。 左下は発売日です:2023年1月12日、ペイトリオッツがニューヨーク州オーチャードパークでバッファロー・ビルズに35対23で敗れて2022年シーズンを終えた4日後です 考えてみてください。 時には有望だが、時にはおかしなことも多かった8勝9敗のシーズン終了からわずか4日後、ペイトリオッツは取締役会への復帰を発表する以上のことを行った。

彼らがやったことは、事実上、誰かがその黒板に近づき、チョークを割るような大きな文字で「マクジョーンズのために真の攻撃的コーディネーターを雇う必要がある」という言葉を書いたと発表することだった。

ベリチックが昔の金玉の試合でプレーボタンを押した回数を数えない限り、ゲームのすべての局面、オフェンス、ディフェンス、スペシャルで構成される局面でより良くなる必要性について、1パトリオット・プレイスで忠告されることは稀だ。チーム…そしてトレーニング。 しかし、これは違いました。 プレスリリースではベリチックの責任が誰にあるのかは明らかにされていないが、これは試合史上最高のコーチの一人としての彼の身長を考慮した敬意の表れであり、より強調して要点を強調するためだけだ。 しかし昨シーズン、ボールサイドでの経験がほとんどないマット・パトリシアとジョー・ジャッジにオフェンスのリモコンを託すのは素晴らしいアイデアだと考えたのはベリチックだった。 そしてそれは大惨事でした。

ペイトリオッツのあの大失敗の後始末は、ビル・オブライエンをオフェンスコーディネーターとして雇うことで構成された。 オブライエンのオフェンス経験と、オフェンスコーディネーターとクォーターバックコーチとしての勤務を含むペイトリオッツでの5シーズンのベリチックとの協力に関する知識を考えると、これは紙の上ではかなりクールに聞こえるだろう。 さらに、アラバマ大でオフェンスコーディネーターを2シーズン務めた後、オブライエンをフォックスボロに戻すのは悪いことではなかった。

ジョーンズとオブライエンはタスカルーサでは重複しなかった。 さらに、ジョーンズはフロリダ州ジャクソンビル出身で、オブライエンはアンドーバーで育ち、パット・コノートン(バスケットボール)、マイク・ヤストレムスキー(野球)、ボビー・カーペンター(ホッケー)を輩出したのと同じ学校であるセント・ジョンズ・プレップ・スクールに通った。 しかし、ジョーンズもオブライエンもバマについてかなり話しており、おそらくそれが一瞬の緊張を解くきっかけになったでしょう。

さらに深く進む

デアンドレ・ホプキンスがいなければ、ペイトリオッツのワイドレシーバーは十分でしょうか?

ホプキンスとの契約は、マック・ジョーンズを2023年に優勝するために可能な限り最高の位置に置くための次の大きなステップになるはずだったし、そうすべきだった。今、ホプキンスは適任者ではないと思うかもしれない。なぜなら、彼は31歳だったからだ。 NFLのパフォーマンス向上のための薬物規定に違反したことで罰せられたが、問題はペイトリオッツが彼が正しい男だと考えていたということだ。 彼らは彼に求愛した。 彼らは彼に、ジレット スタジアムに建設される予定のクールな新しいビデオ スコアボードと灯台展望台を見せました。

彼らが見ていなかったのはお金でした。 ホプキンスがテネシー・タイタンズと契約したのは、伝えられるところによると、2年総額2,600万ドルという契約がニューイングランドが提示した金額よりも良かったからである。

今となってはよく知られた話のように聞こえるかもしれないが、マック・ジョーンズは「破産」しているわけではない。 「たぶん素晴らしい」というのは、つまり、そこに何かがあるということです。 そこには知性がある。 野心はあります。 これらのことを少しでも信じることができるのであれば、ホプキンスはおそらくジョーンズを別のレベルに引き上げるのに貢献したでしょう。

10歳のマック・ジョーンズは、ペイトリオッツがトレーニングキャンプ開始の準備を進める中、コープスレシーバーのジュジュ・スミス=シュスター、ティクアン・ソーントン、デバンテ・パーカーらと協力することになる。 (ウィンスロー・タウンソン/ゲッティイメージズ)

パッツは退団したジャコビ・マイヤーズの代わりにジュジュ・スミス=シュスターを加えた。 帰国者の中にはティクアン・ソーントンもいる。昨年の新人トレーニングキャンプでは滑らかでスピードのある存在だったが、シーズンが始まるとその魅力に応えることはできなかった。 デバンテ・パーカーも、去年の彼とは違う存在になっているのかもしれない、それが彼の存在だ。

次にホプキンスです。 それを除いては、ああ、いいえ、そこで彼はナッシュビルに行きます。

2022年のマクジョーンズを評価し、2023年のマクジョーンズを予測する上での問題は、実際のフットボールとは何の関係もない500フィートの泥を探していることだ。 次のように:

• ジョーンズは昨年、足首の捻挫後に激しい痛みを示したことで批判された。

• 彼は怒りを爆発させたことで批判された。

• 彼は、バマの古い住民たちと深夜にアドバイスを求めて何度も行ったと言われています。

・今、彼がロバート・クラフトと非常に親密であること、少なくともペイトリオッツのオーナーとベリチックよりも親密であることには何かがある。

サッカーに関するものではないこれらの批判はすべて、4 つの文に要約できます。 ライトニングツアーに出かけましょう:

• あなたがソファに座っているときに、他人の痛みの閾値を測定するのは愚かです。

• セント・トム・ブレイディは、サイドラインでの癇癪のフランチャイズ記録を保持している。

• NFL プレーヤーの 99% は、叱咤激励や携帯電話でのハグが必要なときに、時々 Dear Ol’ State U に電話をかけていると推測されます。

• 歴史が示しているように、NFL チームのオーナーは、しわだらけのコーチよりも、夢のようなクォーターバックと一緒に写真を撮りたいと考えています。

これまでのあなたの個人的な評価が何であれ、ジョーンズが完全武装して運用可能な戦闘基地として何を達成できるのかを知りたいという知的好奇心があなたを導くはずです。

ペイトリオッツはホプキンスの獲得がジョーンズをその方向に導く可能性があると信じていた。

そして彼らは価格を見た。

(トップの写真: Mac Jones: Christian Petersen/Getty Images)

READ  マーク・ラスリーがバックスをハスラムに35億ドルで売却することに同意