8月 13, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ホットドッグ、そして猫は、日本の灼熱の夏を打ち負かすためにウェアラブルファンを獲得します

東京、8月1日(ロイター)-東京のアパレル企業は、日本の暑い夏の天候で毛皮のコートを脱ぐことができない犬や猫の好奇心旺盛な飼い主を引き付けることを望んで、獣医と協力してペット用のウェアラブルファンを作成しました。 。

この装置は、電池式の80グラム(3オンス)のファンで構成されており、メッシュの装飾品に取り付けられ、動物の体の周りに空気を吹き付けます。

マタニティウェアメーカーのスウィートミイラの社長である宇沢玲は、暑い夏の暑さの中で自分のペットのチワワが毎回疲れ果てているのを見て、それを作ることにインスピレーションを得たと言います。

今すぐサインアップして、Reuters.comへの無制限の無料アクセスをご利用ください

「今年は雨がほとんど降らなかったので、暖かい日が早く来ました。その意味で、私たちは市場性のある製品を作ったと思います」と彼は言いました。

6月下旬に東京で雨季が終わった後、日本の首都は9日間で摂氏35度(華氏95度)に達する記録的な最長の熱波を経験しました。

「私は通常ドライアイスを使用します(犬を涼しく保つためです)。しかし、このファンで犬を散歩させる方が簡単だと思います」と、プリンという名前のミニチュアプードルとマゴという名前のテリアの所有者である熊本真美さん(48)は言いました。 。

宇沢氏によると、このデバイスは7月初旬にデビューし、SweetMummyは約100件の注文を受けたという。 サイズは5種類あり、価格は9,900円(74ドル)。

($ 1 = 133.1900円)

今すぐサインアップして、Reuters.comへの無制限の無料アクセスをご利用ください

Irene Wang(Daniel Leusingによる報告、Frances Kerryによる編集)

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  日本で議論されるすべての労働者をカバーする保険制度