7月 24, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

メリーランド州の夫婦がサウジアラビア巡礼中に極度の暑さで死亡

メリーランド州の夫婦がサウジアラビア巡礼中に極度の暑さで死亡

ボルティモア — 中東ハッジ中の極度の気温で死亡した1,300人以上の中に、メリーランド州の夫婦も含まれていた。

米国上院議員候補アンジェラ・オールブルックス氏は、以前はツイッターだったXへの投稿で、アルハジ・アリウ・ダウーシ氏とアルハジア・イサトウ・ウォリ氏がサウジアラビア王国への旅行中に死亡したことを認めた。

アルブルックスさんは、夫婦は地域社会に積極的に関わっていたと語った。 広報担当者は、女性がアルブルックス氏の選挙運動のボランティアだったことを認めた。

アルスブルックスさんは声明で「アルハジ・アリウ・ダウシさんとハジア・イサトゥ・ウォリさんがメッカ巡礼中に極度の暑さのため死亡した」と述べた。 「アルハジ・イサトゥ・ウォリは私たちのコミュニティの非常に活発なメンバーでした。彼女は多くのコミュニティ組織に参加し、地域的にも世界的にも大きな影響を与えました。この困難な時期に、私たちは彼らの家族に哀悼の意を表します。そして彼らはとても寂しくなるでしょう。」

ボウイ夫妻はサウジアラビアの聖地メッカで摂氏110度を超える気温の中、熱中症で死亡したとみられている。

「私たちが知っているのは、それが自然な原因によるものであるということだけです。米国大使館の誰かは、自然な原因は熱中症による可能性があるとアドバイスしました。気温に基づいて、人々はそれが110度であると言っていたのです。」 サエダ・ワリ氏はCNNに語った。。 「何百万人もの人がいて、長時間歩かなければなりません。おそらく両親は熱中症だったのでしょう。」

すべてのイスラム教徒は、肉体的および経済的に可能であれば、一生に一度ハッジを行うことが義務付けられています。 裕福なイスラム教徒の多くはハッジを複数回行っています。 イスラム教の聖典コーランによると、この儀式は主に預言者アブラハム、その息子である預言者イシュマエル、イシュマエルの母ハガル、そして預言者ムハンマドを記念するものである。

CBSニュースによると、イスラムの太陰暦に基づいて定められたメッカ巡礼の季節は、今年もサウジの蒸し暑い夏に重なった。

毎年、何万人もの巡礼者が、高価なことが多い公式許可証を取得する余裕がないため、不規則なルートでメッカ巡礼を行おうとしています。 CBSニュースは言う

このグループは、公式の許可がなければ、外で何時間も歩いたり祈ったりした後に涼むことを許可されている180万人の巡礼者にサウジ当局が提供する空調設備の整ったスペースにアクセスできなかったため、暑さにさらに弱かった。

サエダ・ウォリさんは、両親がこの旅行のために貯金を貯めていたと語った。

「彼らは貯金を貯めました。一人当たり約1万1500ドルだったと思います。この旅行に乗り出すために命をかけて貯めたのです」と彼女は語った。 「彼らは適切な準備も適切な書類も受け取らなかった。それはまさに悪夢のような旅行体験だった。」

READ  在レバノン米国大使館前で銃撃戦があり、銃撃犯が逮捕された