5月 20, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ヨーロッパの経済後進国がヨーロッパのリーダーになった

ヨーロッパの経済後進国がヨーロッパのリーダーになった

欧州経済に何か異常なことが起きている。2012年の金融危機でユーロ通貨圏をほぼ崩壊させた南部諸国は、地域の成長の原動力として長く機能してきたドイツや他の主要国よりも急速に成長している。

この力関係により、地域の経済健全性が強化され、ユーロ圏の過度の下落が防止されます。 運命が逆転して、後進者がリーダーになった。 ギリシャ、スペイン、ポルトガルは2023年にユーロ圏平均の2倍のペースで成長した。 イタリアもそれほど遅れていなかった。

ほんの10年ほど前、南ヨーロッパはユーロ圏債務危機の震源地であり、ユーロを使用する国々のブロックが崩壊する恐れがあった。 深刻な国家不況と、厳格な緊縮財政プログラムによる数十億ドル規模の国際救済策から立ち直るには、何年もかかりました。 それ以来、同じ国々は財政を立て直し、投資家を呼び込み、成長と輸出を回復させ、高い失業率を前例のない水準まで逆転させることに取り組んできた。

現在、ヨーロッパ最大の経済大国であるドイツは、この地域の財産を減らすことに取り組んでいる。 ロシアのウクライナ侵攻後のエネルギー価格の上昇によって引き起こされた不況から抜け出すのに苦労している。

これは火曜日に明らかになりました… 新しいデータ 欧州連合(EU)統計局ユーロスタットによると、今年第1・四半期のユーロ圏の経済生産は前四半期比0.3%増加したことが示された。 ユーロ圏経済は昨年の第3・四半期と第4・四半期に0.1%縮小し、技術的な景気後退となった。

域内経済の4分の1を占めるドイツは2024年第1・四半期に景気後退をかろうじて回避し、0.2%成長した。 スペインとポルトガルはこのペースの 3 倍以上に拡大しており、これがその証拠です。 欧州経済は 2 つの速度で成長を続ける

長年にわたる国際救済と厳しい緊縮財政プログラムを経て、南ヨーロッパ諸国が復活 彼は決定的な変化を起こした これにより投資家が集まり、成長と輸出が回復し、記録的な水準に達した失業率の傾向が逆転した。

政府は景気刺激のために官僚主義や企業への税金を削減し、雇用主による労働者の雇用や解雇を容易にし、臨時契約の普及を減らすなど、かつては硬直的だった労働市場の変化を推し進めてきた。 彼らは多額の債務と赤字を削減するために動き、そのために国際的な年金基金と投資基金を引きつけました。 ソブリン債の買い取りを開始する もう一度。

ベレンベルク銀行(ロンドン)のチーフエコノミスト、ホルガー・シュミーディング氏は「これら諸国は欧州危機を受けて大きく結集し、以前よりも構造的により強固でダイナミックになっている」と述べた。

南部諸国もサービス経済、特に観光業を倍増しており、コロナウイルスによる規制解除以来、記録的な収入を生み出している。 彼らはパンデミックからの経済回復を支援するために欧州連合が展開した8,000億ユーロの景気刺激策の一部の恩恵を受けた。

ギリシャ経済は昨年、マイクロソフトやファイザーなどの多国籍企業からの投資増加、記録的な観光需要、再生可能エネルギーへの投資が後押しし、ユーロ圏平均の約2倍で成長した。

建設業と接客業が成長を牽引したポルトガルでは、第1四半期の経済成長率は前年同期比1.4%となった。 同時期のスペイン経済はさらに好調で、2.4%に達した。

イタリアでは、保守的な政府が支出の制限に取り組んでおり、産業部門への新たな海外投資を呼び込むとともに、テクノロジーや自動車製品の輸出を増やしている。 同国の経済はユーロ圏全体の成長率とほぼ一致しており、長年経済的負債とみなされてきた同国としては顕著な改善となった。

シュミーディング氏は南欧経済について「彼らは行き過ぎを是正し、引き締めている」と述べた。 「彼らは危機前に収入を超えて生活した後に形成され、その結果、彼らはより小さく、より健康になり、より意地悪になりました。」

ドイツは数十年にわたって着実に成長してきたが、好況期に教育、デジタル変革、公共インフラに投資する代わりに、ドイツ人は現状に満足し、ロシアのエネルギーとロシアの対中輸出に危険なほど依存するようになった。

その結果、2年間ほぼゼロ成長が続き、同国はG7諸国やユーロ圏諸国の中で最下位に陥った。 年間ベースで測定した場合、同国の経済は2024年第1四半期に0.2%縮小した。

ドイツは欧州経済全体の4分の1を占めており、ドイツ政府は先週、今年の経済成長率はわずか0.3%にとどまると予想していた。

経済学者らは、労働力の高齢化、エネルギー価格と税金の上昇、大幅な変化が起こる前に対処する必要がある過剰な事務手続きなどの構造的な問題を指摘している。

ミュンヘンに本拠を置くアリアンツのチーフエコノミスト、ジャスミン・グローシェル氏は「基本的にドイツは好調なときに役割を果たしたわけではない」と述べた。 「そして今、私たちは痛みを感じています。」

ドイツはまた、地政学的な紛争や、主要貿易相手国である中国と米国の間の緊張の高まりによって混乱した国際貿易と世界的なサプライチェーンに基づく輸出指向モデルに基づいて経済を構築してきた。

ユーロ圏第2位の経済大国であるフランスでは、政府が最近見通しを下方修正した。 第1・四半期の経済成長率は前年同期比1.1%だった。

フランスの財政状況は悪化の一途をたどっており、財政赤字はGDPの5.5%と過去最高に達し、債務は経済の110%に達している。 政府は最近、今年と来年に約200億ユーロの節約が必要になると発表した。

オランダは、昨年経済が1.1%縮小した中程度の不況から脱却したのはつい最近のことである。 オランダの住宅市場は、欧州の金融引き締めにより特に大きな打撃を受けている。

ドイツ、フランス、オランダの経済は合わせてユーロ圏のGDPの約45%を占める。 こうした政策が鈍いままである限り、全体的な成長は鈍化するだろう。

はい、少なくとも今のところは。 金利上昇で経済成長が冷え込み始めているが、ユーロを利用する全20カ国の金利を設定している欧州中央銀行は、6月初旬の次回政策会合で利下げする可能性を示唆している。

ユーロ統計局は火曜日、昨年の暴走価格を抑えるための銀行による積極的なキャンペーンを受けて、ユーロ圏のインフレ率は4月までの1年間で2.4%で安定していると報告した。

これはスペイン、ギリシャ、ポルトガルの成長の主な原動力である観光業を助けるだろう。 これらの国はまた、製造業や技術分野への新たな国際投資先へと経済を多角化する取り組みから益々恩恵を受けることになるだろう。

合わせてユーロ圏経済の約4分の1を占めるギリシャ、イタリア、スペイン、ポルトガルも、数十億ユーロの補助金や低コスト融資が経済のデジタル化や再生可能エネルギーに投資されるEU復興基金によって後押しされている。

しかし、こうした利益が消えないようにするためには、各国が勢いを増して競争力と生産性を高める必要がある、とエコノミストらは言う。 失業率は危機以降急激に低下したものの、依然として高止まりしており、多くの雇用で賃金上昇がインフレに追いついていない。

南部諸国も依然として巨額の債務を抱えており、改善された財源の持続可能性に疑問が生じている。 対照的に、ドイツは借入による経済資金調達能力に制限を設けている。

ING銀行の首席ユーロ圏エコノミスト、バート・コーレン氏は、こうした投資は「両国の経済をより将来性のあるものにするのに役立つだろう」と述べた。 欧州の二大強国としてドイツとフランスに挑むことになるだろうか。 「これは行き過ぎです。」

イシュ・ネルソン レポートに貢献しました。

READ  タイムズスクエアホテルから子供たちが酒瓶を投げ女性が負傷