1月 30, 2023

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ライブニュース:中国はCovidのピークを過ぎたと副首相がダボス会議で語った

チェコの産業貿易大臣は、需要の減少と価格への介入により、欧州はロシアのウクライナ侵攻後のエネルギー危機を「首尾よく解決」していると述べた。

昨年後半に欧州エネルギー大臣評議会の議長を務めたジョセフ・セケラ氏は、ダボスで開催された世界経済フォーラムで、昨年はロシアによるエネルギー供給の制限と水力発電に対する環境圧力により、欧州大陸は苦戦したと語った。

昨年の夏、メガワット時あたり 350 ユーロのガス価格がピークに達したため、彼は「ヨーロッパはそれを解決し、成功裏に解決しなければならなかった」と語った。

彼は、ヨーロッパの卸売ガス価格が火曜日にMWhあたり53ユーロに下落したと述べ、地域の対応の成功を強調した.

「ヨーロッパは極度の圧力の下で団結を示し、非常に短期間で価格を落ち着かせ、需要と供給のバランスを取るための一連の措置に介入した」とセケラ氏は述べた。

彼は、夏以降のチームは「天国と地獄のようだ」と付け加えた. 「まあ、天国は以前ほど手頃な価格ではありません [Russia’s invasion]でもお買い得です。」

国際エネルギー機関のファティ・ビロル事務局長は、ヨーロッパ諸国が需要を食い止め、この冬を乗り越える努力をしたことを称賛したが、エネルギー危機が解決されたという一部のヨーロッパ閣僚の気持ちに疑問を呈した.

ビロル氏は、ヨーロッパは「素晴らしい仕事」をしたと述べた。 「暖かい冬のおかげで少しは助かりました。正直に言うと」

ビロル氏は、今後数か月から数年でエネルギー安全保障を守るために、クリーンエネルギーのさらなる開発を求めました。

READ  多くの流行の子供たちは今でもお母さんとお父さんと一緒に暮らしています