12月 1, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

ライブ株式市場ニュース: 景気後退の警告が高まる中、株価は不安定、Uber と Lyft はギグファクターの提案に反応、Amazon のプライムデー

コード 価格 彼らは変わる % 変化する
私:DJI $29202.88 -93.91 -0.32
SP500 $3612.39 米ドル -27.27 -0.75
I: コンプ $10542.10 -、110.30 -1.04

米国株は火曜日の早い時間に下落した 午前中、投資家は、連邦準備制度による金利引き締めと借り入れがより困難になっていることに懸念を表明した。

月曜日の株式は下落し、FRB の引き締め、ウクライナ戦争の激化、市場を揺るがす中国の通商政策に対する懸念から変動が続いた。

S&P 500 はわずかな上昇で取引を開始した後、27.27 ポイント (0.7%) 下落して 3,612.39 で取引を終えました。 ダウ工業株平均は 93.91 ポイント (0.3%) 下落して 29,202.88 になり、ナスダック総合は 110.30 ポイント (1%) 下落して 10,542.10 となった。 ダウ・ジョーンズの市場データによると、これは 2020 年 7 月以来のハイテク株が多いナスダックの終値です。

半導体メーカーの株式は、バイデン政権の半導体輸出に対する新たな規制に起因する損失を被っている.

PHLX半導体セクターは月曜日に3.5%下落し、2020年11月以来の最低水準に達しました。これらの損失は、主要なチップを使用する企業のシェアの低下にも役立ちました。

シュワブ金融調査センターのトレーディングおよびデリバティブ担当マネジングディレクターであるランディ・フレデリック氏は、「中国への半導体販売に対する新たな規制は、これらの株が下落傾向にある大きな理由だ」と述べた。

フレデリック氏は、テクノロジー株がS&P 500指数の約4分の1を占めると指摘し、チップメーカーのクアルコムは月曜日に6.31ドル(5.2%)安の114.60ドル、ブロードコムは22.78ドル(5%)安の437.70ドルとなった。 テクノロジーは、S&P 500 の 11 セクターの中で最もパフォーマンスが低く、1.6% 下落しました。

米連邦準備制度理事会(FRB)によるさらなる利上げに対する期待の変化が、最近の株価のボラティリティーの主な要因となっています。

金曜日の雇用統計によると、失業率が半世紀ぶりの最低水準にまで低下したため、労働市場は引き締まった状態が続いており、連邦準備制度理事会が金融環境をより積極的に引き締める可能性があるという懸念が強まっています。

中央銀行が利上げを一時停止し、株価が上昇する「FRB ピボット」への期待は、大きく打ち砕かれました。

FactSet のデリバティブ データによると、トレーダーは現在、ベンチマークのフェデラル ファンド レートが 2023 年の第 2 四半期までに 4.7% に達すると予想しており、FRB 自体の予測よりも堅調です。

ベアードの市場ストラテジスト、マイケル・アントネッリ氏は、「インフレは依然として高く、労働市場は非常に熱くなっている。FRBが少なくとも数カ月間、ハト派的または極めて重要になる兆候はない」と述べた。 投資家は、金融政策の方向性を示すもう 1 つの重要な指標として、木曜日に発表される米国のインフレ データを楽しみにしています。

Kleinwort Hambros の最高投資責任者である Fahad Kamal 氏は、「市場にはまだ余韻が残っています。米国の労働市場は依然として信じられないほど堅調であり、FRB には現在 1 つの使命があります。それはインフレです」と述べています。 「現在、世界で最も重要な数値は次のインフレ数値です。

一方、テクノロジー関連株の下落が世界のベンチマークに重くのしかかり、アジアのほとんどの株式は火曜日に下落した。

台湾は、米国が中国への半導体とチップ製造装置の輸出に新たな制限を課して以来、最初の取引セッションで休日から再開した後、4.4%下落しました。 世界最大の半導体メーカーであるTMSCの株価は8.3%下落した。

日本の日経 225 は 2.6% 下落して 26401.25 となった。 韓国の Kospi 指数は 1.8% 下落して 2,192.07 ポイントになりました。 月曜日の休日の後、両方の市場も再開しました。 香港のハンセンは 2.2% 安の 16,830.73 でした。 上海総合指数は 0.2% 上昇して 2,979.79 となり、オーストラリアの S&P/ASX 200 は 0.3% 下落して 6645.00 となりました。

シンガポールのIGの市場アナリスト、イップ・ジュン・ロン氏はリポートで、「日本と韓国は、ウォール街に反映されている売り越しよりもテクノロジーセクターの影響の方が大きいため、以前の世界市場の損失を追っている」と述べた。

少し心強いニュースとして、日本は火曜日、2 年以上にわたる COVID-19 の制限を経て、一般的に無制限の観光への門戸を再開しました。 世界第 3 位の経済大国である同国は、世界経済の成長とインフレの鈍化に対処しているが、旅行に費やす支出は、この国を押し上げるのに役立つ可能性がある。

READ  ジム・クレイマーが4大銀行の決算報告をまとめた