11月 30, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

中国のBYD、日本でEVのブレークスルーを狙う

中国の電気自動車メーカー BYD は、世界で最も厳しい自動車市場の 1 つであり、依然として化石燃料の拠点と見なされている日本に進出することを目指しています。

自由奔放な中国の巨人は、テスラが今年の上半期に世界の出荷を上回ったため、最初の7か月で811,200台以上のEVの出荷をほぼ3倍に増やし、現在、クロスオーバーを新しい目標に設定しています. しかし、それは簡単ではありません。

「日本は大きな市場ですが、独自の惑星です」と、広州に本拠を置く交通コンサルタント会社 Way-S の自動車アナリストである Zhu Dawei 氏は警告しました。 「EVが好きで海外製品を試してみたいという買い手がいるとすれば、それは侵入できない市場であり、時間がかかるだろう.」

テスラでさえ、新技術や新参者が受け入れられないやや閉鎖的な日本の市場では、主張することができませんでした.

「そこで売上を伸ばすことができれば、 BYD 江西省新エネルギー技術研究所の EV 研究責任者である David Zhang 氏は、次のように述べています。

AFでも: 中国のハイテク巨人が8兆ドルのメタバースゴールドを追いかける

しかし、中国のEV王は、日本の自動車市場の大きな変化を利用するために今動き出そうとしている. これは、2035 年までに燃焼エンジン モデルの新規販売を段階的に廃止するという東京の政策と補助金の取り組みによるものです。

「トヨタ、ホンダからマツダまでのレガシーブランドはまだEV時代につまずいているが、リーダーシップを確立するには大きな空白がある」とZhang氏は述べた。

BYD は何年もの間、バッテリー技術と電気バスを輸出することで、日本向けのコースを計画してきました。 BYD の創業者である Wang Xuanfu 氏は、初期のプレゼンスが、自家用車市場でのブランド認知と販売につながることを望んでいると語った。 そしてBYDは7月に3つのEVモデルを日本に導入し、

しかし、グレゴリー・ローレンス博士、副学部長 ミシガン大学経営学部および日本研究センター「日本国民が二次電池技術のブランド名として、および/またはバスメーカーとしてのBYDを認識しているとは思えません。

「私が乗ってきたバスの多くは、どこのメーカーのものかわかりません。」

「中国ブランドに対する日本人の信頼に関する大きな問題は、BYDの前途が厳しいことを示しています。 多くの国で高い市場浸透度を誇っている Huawei について考えてみましょう。最近のデータによると、日本での市場シェアは 1.5 ~ 2.0% の範囲です。

Lawrence 氏は次のように付け加えています。

「問題はEVの販売が日本で伸びるかどうかではなく、BYDができるかどうかだ」

ハイブリッドが日本を席巻

日産リーフのようなローカル ブランドを含む日本の最も純粋な EV の販売は、そこの路上でのハイブリッドが支配的です。 純粋な EV は、2021 年の日本の総販売台数のわずか 1% を占め、Tesla は輝かしい参入から 7 年後の昨年、わずか 5,200 台の EV を出荷しました。

アナリストによると、BYD はまず、日本におけるハイブリッドの永続的な牽引力を計算する必要があります。

Way-s の Zhu 氏は、「日本はハイブリッドを発明し、日本のバイヤーはそれらを気に入っているため、日本における BYD の競争相手はテスラやその他の EV 新興企業ではなく、BYD が最初の EV プロトタイプを構築する前の 1997 年から販売されているトヨタのプリウスです」と付け加えました。 .

状況は、ハイブリッド車の販売を許可する日本の 2035 年計画によって悪化しています。これは、多かれ少なかれ、中国のハイブリッド車と EV の新エネルギー車としての分類を反映しています。

「トヨタは、3年以内にすべての新車をハイブリッド車または電気自動車にする計画だ」と彼は付け加えた。 大阪大学 堀。

「日本での新車販売の大部分はハイブリッドになるでしょう。したがって、競争はプリウスだけでなく、すべての日本のハイブリッドとなるでしょう。日本の消費者は一般的にハイブリッドに満足しているため、EV の採用は遅くなるでしょう。」

トヨタ、日産電機への出資

しかし、BYD が停滞している日本の市場を混乱させる準備をしている間、既存の企業は怠けているわけではありません。

たとえば、トヨタは2030年までに電動化に​​8兆円(690億ドル)を費やし、それまでに全世界で約350万台のEVを販売することを目指しています。 これは、現在のトヨタの年間納車台数の約 3 分の 1 に相当します。

日産は最近、日本に参入する BYD の 3 つの新しいモデルの中で最も安価な (2,333,000 円) よりも安価な新しい気の利いたコンパクトな EV、サクラを発売しました。

専門家は、目の肥えた日本のバイヤーの心をつかむために、BYD はモデルのサイズと価格を下げる必要があると述べています。国内の新車販売の 40% は、より低価格で優遇されている軽自動車クラスの軽自動車に属しているためです。税。 治療。 しかし、値下げに関して言えば、BYD は手を抜くべきではありません。

ミシガン州自動車研究センターのカーラ・バイロ社長兼最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。

続きを読む:

BYD、10万台のEVを中国の自動車会社6社に販売、EUの動きに注目

Huawei のカムバックの原動力は、EV のヒットと愛国心です。

トヨタが比亜迪と提携、中国で電動セダンを販売

フランク・セン

フランク・チェンはアジアの金融レポーターで、特に市場指数に焦点を当てて中国のビジネスと金融をカバーしています。 彼は、不動産、輸送、イ​​ンフラストラクチャ、および消費者ブランドに強い関心を持っています。 彼は上海と香港で時間を過ごし、北京語、広東語、英語を話します。

READ  スーパー4ラウンドでは、インドが日本を2-1で下した。