10月 7, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

主要な平均が2020年6月以来の最悪の日に苦しんだ後、株式先物は上昇しました

主要な平均が2020年6月以来の最悪の日に苦しんだ後、株式先物は上昇しました

水曜日の朝、株式先物はわずかに上昇しました。再びインフレ率が上昇したことで主要な平均が2020年6月以来の最悪の日に下落し、タカ派的ではない連邦準備制度に対する投資家の期待が弱まりました。

ダウ工業株平均に関連する先物は最近 63 ポイント (0.2%) 上昇し、S&P 500 先物は 0.18% 上昇し、ナスダック 100 先物は 0.15% 上昇しました。

火曜日の通常取引セッション中、ダウ ジョーンズは 1,276.37 ポイント (3.94%) 下落して 31,104.97 で取引を終え、S&P 500 は 4.32% 下落して 3,932.69 で取引を終えました。 Nasdaq Composite Index は 5.16% 下落して 11633.57 になりました。 すべての主要な平均は、4 日間の連勝を破りました。

その後、市場の動きが来ました 8 月の CPI レポートは見出しインフレを示した ガス価格の下落にもかかわらず、前月比 0.1% 上昇しました。

過熱するインフレ報告により、株価が 6 月の安値に戻るのか、それともさらに下落するのかについて疑問が残りました。 また、連邦準備制度理事会がそうする可能性があるという懸念も提起されました 身長が高い可能性 市場では 75 ベーシス ポイントから値付けされています。

LBLファイナンシャルのクインシー・クロスビー氏は「市場を驚かせた。 「市場は少なくとも、われわれが安定したと予想していた。下落はしなかったかもしれないが、上昇はしていないことは確かだ。もちろん、間違った方向性と懸念は、これがFRBにとって何を意味するかを常に意味している」

ダウ・ジョーンズの 30 株とスタンダード・アンド・プアーズの 500 セクターすべてが値を下げて取引を終了し、通信サービスが下落した。 このセクターは 5.6% 下落し、2 月以来最悪の 1 日を終えました。Netflix や Meta Platforms などの主要なテクノロジー株がそれぞれ 7.8% と 9.4% 下落しました。

生産者物価指数の読み取りは水曜日の朝に予定されており、来週の連邦準備制度理事会の利上げ会議に先立って、インフレの状態についてより多くの手がかりを提供する可能性があります.

READ  7月4日に旅行が開始されるため、何千ものフライトが遅延またはキャンセルされました