5月 30, 2023

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

伝説が地獄への入り口であると言う日本の北の島の洞窟を探す – 現代の桜のニュース

清治、北海道にアイヌ民話のかけらを探しに行く.

2月 中心にある田舎町 北海道、日本の北部。 約 4,000 人の住民が住むほとんどの旅行者は、より多くの観光スポットがある隣接する旭川市に向かう途中でピプを通過します。

しかし、彼の最近の北への旅行で、私たちの日本語特派員は 中澤征爾 比布で面白い場所を聞いた: 地獄への入り口と言われる洞窟.

誠司は友人からその場所について聞いた 木下さん、比布に住んでいる…と木下さんは町の誰かから聞いた. 木下さんは洞窟を実際に見たことがありませんでしたが、話した人も見たことがありませんでした。 セイジは、洞窟の存在は都市伝説なのではないかと考え始めますが、彼は自分の職務を遂行するにはあまりにも超自然的ではありません。 木下さんの車に乗り込んで探しに行った.

彼らが運転していると、暗い雲が集まり始めました。 彼らが通らなければならない唯一の手がかりは、基地の備布の南一線地域のどこかにおそらく洞窟があるということです. 男山.

助手席に座った誠二は、静かに決意を表明し、密集した暗い森を抜けて洞窟を見つけるために心の準備をしました. それが判明したときの彼の驚きを想像してみてください 現地への道標あり.

さらに、下の写真に含まれている矢印で示されているように、どこを見るべきかを知っている限り、洞窟の口は通りから見えます.

▼ここの川辺に立って北を向いて左へ…

▼…そこ、地獄の入り口!

▼Googleマップでの洞窟の場所

正式には、ここから始まる洞窟ネットワークと呼ばれています アフン ル バロ洞窟. これが日本の他の場所の名前と違うと思うなら、洞窟の名前とそれらにまつわる伝説は北海道の部族に由来します。 アイヌ 文化。

アイヌ語には文字がなかったので、民間伝承は口頭伝承によって受け継がれました。 アフン・ル・バロの話によると、 むかしむかし、年老いた村人が洞窟で道に迷い、生きて帰ることができませんでした。. 奇妙なことに、そのうちの 1 人が後で言いました 「洞窟に帰りたい」 もう一人は、より賢明に反対し、「私はそこに戻りたくない」と言いました。 しばらくして、洞窟が好きだった人は死に、もう一人は何年も生きました。

▼洞窟の入り口

現在、洞窟の入り口は柵で囲まれています。 そのように 多分 結界の下に潜り込むことはできたが、それは明確な「立ち入り禁止」の警告であり、セイジはそれに従うことにした.

その背後にある伝説を知らないなら、彼は認めなければなりません、それはそれほどダイナミックでも威圧的な場所でもありません. 好奇心から、 彼は、この地下世界へのポータルが実際に他の場所に現れるトンネルであるかどうかを確認するために、山の後ろに行くことにしました..

でも、山の向こう側に行くと、しっかりした岩壁なので、どこに行くにも洞窟は下るしかありません。

写真 ©SoraNews24
● SoraNews24 の最新記事が公開されたらすぐに知りたいですか? フェースブックでフォローしてツイッター!
[ Read in Japanese ]

READ  日本では大雪で13人が死亡、気象当局は住民に吹雪に警戒するよう要請