7月 24, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

全米オープン第3ラウンドのライブ最新情報、リーダーボード:マテオ・パボンがパインハーストでの移動日の早い段階でルートヴィヒ・アバーグを上回った

全米オープン第3ラウンドのライブ最新情報、リーダーボード:マテオ・パボンがパインハーストでの移動日の早い段階でルートヴィヒ・アバーグを上回った

今日はノースカロライナ州の移行期であり、全米オープンのルーキーが先頭に立ってスタートする。

ルートヴィヒ・オーバーグは金曜日にノースカロライナ州2位のパインハーストで1アンダー69をマークした後、1打差で土曜日の試合に臨んだ。 彼は初めての全米オープンに出場しており、初のメジャー出場まであとわずか数カ月となっている。 もし彼が今週勝利を収めることができれば、このトーナメントでは100年以上で勝利を収めた初のルーキーとなる。

しかし、オーベルグの進歩は長くは続かなかった。 マチュー・パボーネは金曜に一時首位の座を守ったが、後半の2ボギーが痛手となったが、土曜午後のフロント9ですぐにオーベルグを追い抜いた。 パボンはフロント9で3バーディを獲得し、ターンする前日のローラウンドとほぼ一致したが、オバーグはしっかりとパーをキープした。

ブライソン・デシャンボー、パトリック・キャントレー、そしてほぼ10年ぶりのメジャー勝利を狙うローリー・マキロイなど、両者の背後には多くのビッグネームが控えている。

土曜日のこれまでのところ、パインハーストが大きな勝者となっている。 低いパーに到達できたゴルファーはほとんどなく、初期のスコア平均は約 73 でした。コリン・モリカワは唯一の例外でした。 ボギーなしの66をマークし、パーに戻した。 午後の残りの状況次第では、日曜日になる可能性があります。

一方、スコッティ・シェフラーは再び苦戦した。 同氏は、全米オープンでのゴルフは「精神的な拷問部屋」のようなものだと語った。

ティータイムを探している場合は、ここで見つかります。

視聴方法をお探しの場合は、それもご覧いただけます。

リーダーボードを確認したい場合は、 ここをクリック

手順の後にヘルプが必要な場合は、次の手順を実行します。

彼は住んでいる30件のアップデート

  • 6-アイアン 278から

    ブライソン・デシャンボーは、すでに630ヤードあるパー5で、残り257ヤードから6アイアンを打ったところだ。257ヤードから6アイアンを打った。残念なことに、彼が打ったのはわずか256ヤードで、グリーンサイドのトラップをクリアするにはあと1ヤード足りなかった。

  • ルートヴィヒが10番を粉砕

    ルートヴィヒ・オーベルグはこの日最高のアプローチをしたかもしれない。 彼は 7 番ウッドを使って 10 フィートから 9 フィートの距離で 2 打目をパーで打ちました。 クレイジー。

    彼らの顔がすべてを物語っています。

    あのショットを打てれば単独首位に戻ることになる。

  • ブライソンは助けを求めます

    首位の座を狙うブライソン・デシャンボーは理学療法士を呼んだ。

    ボーンズはちょうど放送でデシャンボーの右股関節がきついと語った。 両股関節の靱帯を断裂してしまいました。

    デシャンボーは歩き方もスイングも順調のようで、まだ先を行っているが、この先どうなるか見てみよう。

  • オーベルグの亡霊パボン後にリーダーボードがリセットされる

    マテオ・パボーネが#11 を番狂わせしたばかりなので、リーダーボードの上位争いは熾烈を極めます。

    最終グループがNo.2パインハーストに向かうときの状況を見てみましょう。

    リーダーボードの更新:

    T1。 パボン-5 (11)

    T1。 フィナウ (10)

    T1。 デシャンボー (9)

    T4。 オーベルジュ-4 (9)

    T4。 マキロイ (10)

    T6. ハットン-3 (12)

    T6. キャントレー (9)

  • トニー・フィナウは出場停止処分を受ける

    なんとかトニー・フィナウが僅差で10番グリーンに到達した。 グリーン奥の荒れたエリアからのセカンドショットは、最終的にはずっと自分の方に転がってしまったが、2回目は危うくバーディを奪いそうになった。

    彼はまだ5歳で、マッテオ・パボンまであと少しだ。

  • フィナウのシュートは9本でマキロイよりもはるかに優れていた

    トニー・フィナウはパー3の9番ホールで、傾斜を利用してホールまで7フィート以内に迫る見事なアイアンを打った。 それはロリー・マキロイが匹敵することのできない美しさでした。 ロリーさん、次回も頑張ってください!

    両者ともショットを消耗し、マキロイはより難しいショットを打ち、彼を4アンダーに、フィナウはパボーネを1打差の5アンダーに押し上げた。

  • ブライソン 1以内に

    デシャンボーは7番でバーディを奪い、パボンに1つ差をつけて6アンダーでアバーグに並んだ。

  • ブライソン・デシャンボーがサインをしています

    ライバルツアーに移って以来、LIVの選手たちは皆、ペルソナ・ノン・グラータになっているが、ブライソン・デシャンボーはどちらのツアーでも最も好感が持てる(そして今では人気のある)選手の一人になることに成功した。 でもツアー中にサインするの? 彼らは穴と穴の間に拳を打ちつけることさえ好きではない、ましてや立ち止まって誰かのペンを掴んで何かにサインすることさえ好まないが、どうやらデシャンボーはかつてそれをしていたらしい。

  • パボンが先頭に立っている

    マチュー・パボーネは7番でダウンタウンからの1バーディーを含む3バーディーで、フランス人選手自身が首位に立った。

    パボンはこれまでのツアーで3アンダーで、奇数のアウトとなっている。 今日のパインハーストではパーが良い結果です。 この日の早い段階でコリン・モリカワがマークした66を下回る者はいなかった。

  • アバーグが1点を返す

    ルートヴィヒ・アベルグの最初のスライドはロング4番で出た。 好調なドライブの後、アプローチの手前でグリーンを大きく外してしまい、乗り降りすることができなかった。

    これにより、トニー・フィナウが彼を破って6位になるまで、彼はリーダーボードのトップで3者同点となった。 つまり、アバーグとパボンがトップです。

  • パボンが後ろに移動

    マチュー・パボーネはアバーグとペースを保ち続け、5番でバーディを奪って5アンダーに到達した。

  • アバーグがブレークしてバーディを獲得

    ルートヴィヒ・アベリは、ボールとグリーンへのラインの間に花道ができる程度に、左のドライブ可能なサードでドライブを引き出した。 そこで彼はフリードロップを獲得し、チップをもらった後、すぐに28フィートを奪ってバーディを獲得した。

    これで、パートナーのブライソン・デシャンボーが3 1/2フィートの短いバーディを奪うまで、短い2点のリードを得るはずだった。 ただし…デシャンボーはそれを逃した。

  • テレル・ハットンとイーグル

    パインハースト 2 番にはパー 5 が 2 つしかないので、パー 5 を有効に活用する必要があります。テレル ハットンはまさにそれを行い、5 番でグリーンに 2 オンし、その後 14 フィートを転がしてイーグルを獲得しました。 これにより、アバーグのサイドバックであるマキロイ、フィナウ、デシャンボー、パボンがいるグループの4アンダーに浮上した。

  • ロリー、フィナウはサイドバックの一人に過ぎない

    ロリー・マキロイは3番でバーディを奪った後後退する。 続く2番ではパートナーのトニー・フィナウのバーディプレーが決まり、4アンダーと1つ戻した。

    わずか316ヤードの3プレー目で、マキロイの2点目はグリーンサイドバンカーから生まれた。

  • キャントレーがセーブする

    パトリック・カントレーはボギーでラウンドをスタートし、首位から2つ落ちたが、21フィートから2位でサルベージパーを目指して臨んだ。 ボギースタートはラウンドをすぐに狂わせてしまうが、キャントレーはそんなことはなく、ボールをまっすぐホールに打ち込んだ。

  • オーベルグ、デシャンボーが欠場

    最後はルートヴィヒ・アバーグとブライソン・デシャンボーが抜け出して逃げ切る。 両者とも最初はフェアウェイ真ん中でティーショットを落とした。 しばらく様子を見てみましょう。

  • パボンが飛び込み戻ってくる

    金曜日の夜、終盤のいくつかのボギーで首位を奪われたマッテオ・パボーネは、その日を最初からバーディでスタートさせた。 4アンダーに戻った。

  • コーリー・コナーズが4位をあと一歩及ばなかった

    これは今日の第3番で見るのと同じくらいドライブに近い。コーリー・コナーズはカップからわずか数フィートのところで走行可能な四輪車に乗ってショットを打ち、イーグルアイを形成した。

  • 今日のツアー?

    コリン・モリカワは現地時間午前11時直前に試合を開始し、確実に戦いに貢献した。

    森川は18番で大きなバーディを奪ったおかげで、今週のEランクに復帰した。 彼はボギーなしの4アンダー66でクラブハウスに入ったが、これはこの日これまでで最も低いラウンドだった。 午後の試合の終わり次第では、森川は日曜日に絶好調になるだろう。

  • スコッティ・シェフラーは再び同等だ

    スコッティ・シェフラーはキャリアで初めて、4ラウンド連続でパーを上回った。 この日は1オーバー71で終え、大会で6点リードを獲得した。

    シェフラーは昨日、かろうじて出場権を獲得し、2年連続記録を維持した。