8月 14, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

出版社は元マンガムラのオペレーターを1.9円の損害賠償で訴えた。

社会


東京、7月28日(GG Press)-日本の大手出版社3社が木曜日に、現在閉鎖されているマンガ海賊サイトMangamuraの元運営者を約19億3000万円の損害賠償を求めて訴えた。

門川株式会社、修社株式会社およびShogakuganInc. 東京地方裁判所に提起された損害賠償訴訟は、日本最大の海賊サイトとして知られるマンガムラに対する最初の訴訟です。

著作権法等に違反したとして、元オペレーターは懲役3年の刑を言い渡され、1000万円の罰金と6257万円の没収を命じられた。

「ワンピース」と「ヤバラ!」 この事件には、17の人気漫画タイトルからの違法なアップロードが含まれています。 出版社によると、このウェブサイトは2017年6月から2018年4月までの間に合計5億回の訪問を集めました。

マンガムラ事件に続いて結成された反価格団体APJによると、現在約1,000件の違法サイトがあり、2021年には1兆円の被害が発生する。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

GGプレス

READ  日本各地の物語の創造