12月 4, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

古田真奈は、日本の女子ラグビーに焦点を当てることに熱心です

オーストラリアのスーパーW選手権で女子ラグビーのトッププレーヤーの何人かに出席した後、日本代表の古田真奈は彼女の知識をチームメートと共有し、サクラフィフティーンを世界の舞台で力に変えたいと考えています。

24歳の福岡県出身者は、今年初めにキャンベラを拠点とするプロンペックスに日本クラブから貸与を受けて参加し、現在、10月のラグビーワールドカップに先立ち、オーストラリア代表チームのツアーに参加しています。

5月には、世界12位の日本が21位のフィジー、5位のオーストラリアとテストマッチを行います。

「自分の才能と経験を生かして代表チームに貢献したい」とセンターでプレーする古田は語った。

167センチ、体重69キロの古田は、普段遊んでいる100キロの女性に比べて小さい。

彼のサイズの不足にもかかわらず、彼は大きくて強い敵とのトレーニングゲームでラグビープレーヤーに成長し、オーストラリアでの彼のラグビー教育を素晴らしい機会と見ています。

「(ビッグプレーヤーと対戦するとき)私は彼らがする前に反応することができます。 私はすべての試合がワールドカップのふりをします」と彼は言いました。

古田の父は元ラグビー選手であり、アスリートとしての成長に大きな影響を与えました。 古田は幼い頃からラグビーボールを追いかけ、活躍したいと思っていたのを覚えています。

彼女は2020年に女性の7人制ラグビーチームである熊谷女王アルガスでプロとしてのキャリアを開始し、2021年に東京サンギュフェニックスチームに加わりました。 彼はラグビーの15枚の1ページの版で日本の代表チームで9つのキャップを獲得しました。

古田は2016年に右前頭十字靭帯を引き裂き、2020年に左膝に同じことをしたが、昨年11月の日本の年末のヨーロッパツアーで3試合すべてを開始するためにそれらの重傷から戻った。

彼はツアーの決勝で、アイルランドへの日本の15対12の敗北で彼の最初のテストトライを獲得しました。

コロナウイルス感染により2021年まで延期されたニュージーランドでのワールドカップの準備をしているサクラフィフティーンは、男性の相手をフォローし、女性のラグビーに焦点を当てたいと考えています。

ヘッドコーチのジェイミー・ジョセフが率いる男子代表チームは、ワールドカップの最初の四半期に到達しました。2019年に本拠地で決勝に進み、チームの優勝国に刺激を与えました。

対照的に、女性のナショナルヘッドコーチであるレスリーマッケンジーは、さらに10人のプレーヤーからなる経験の浅いチームを監督しています。

女子ラグビーは日本などでの露出が少ないですが、古田は大きな成長の可能性を秘めていると考えています。

「(男子ワールドカップチーム)のように国を宣伝できたら、どれだけ良くなるか想像した」と彼は語った。

「私はまた、壮大なゲームの瞬間の一部になりたいです。」

誤った情報と過剰な情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックしてズーム)

READ  スターバックス ジャパンは栗のドリンクとご当地ドリンクのラインナップで本格的な秋を迎えます