1月 30, 2023

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

地球上でこれまでに見られなかった2つの鉱物が巨大な隕石で発見されました

地球上でこれまでに見られなかった2つの鉱物が巨大な隕石で発見されました

現在アルバータ大学の隕石コレクションにあるエル アリ隕石のスライスには、これまで地球上で見られなかった 2 つの鉱物が含まれています。 クレジット: アルバータ大学

大規模な隕石で発見された新しい鉱物は、小惑星形成の手がかりを明らかにするかもしれません。

研究者チームは、2020 年にソマリアで発見された 33,000 ポンド (15,000 kg) の隕石で、これまで地球上で見られなかった少なくとも 2 つの新しい鉱物を発見しました。この巨大な隕石は、これまでに発見された中で 9 番目に大きい隕石です。

「新しい鉱物が見つかったということは、実際の地質学的条件、つまり岩石の化学的性質が以前に発見されたものとは異なっていたことを意味します」と、地球大気科学科の教授であり、アルバータ州隕石の学芸員であるクリス ハードは言います。コレクション。 「それがこれをエキサイティングなものにしているのです。この特定の隕石には、科学的に新しい2つの公式に記載された鉱物があります。」

隕石の 70 グラムのスライス 1 つが分類のためにアルバータ大学に送られ、そこで 2 つの鉱物が発見されました。 研究中の第 3 の鉱物の可能性がすでにあるようです。 Hurd 氏は、研究者が巨大な隕石からより多くのサンプルを採取すれば、より多くの鉱物を発見できる可能性があると述べています。

新たに発見された 2 つの鉱物は、エラライトとエルキンスタントナイトと名付けられました。 最初の名前であるエラライトは、正式には「」と呼ばれる隕石自体に由来しています。最も高いソマリアのヒラン地方のアル・アリの町の近くで発見された隕石です。 フロックは、アリゾナ州立大学の惑星イニシアチブのバイス プレジデントであり、ASU の地球宇宙探査カレッジの教授であり、科学研究の主任研究者であるリンディ エルキンス タントンにちなんで、エルケンスタントナイトを 2 番目の鉱物と名付けました。[{” attribute=””>NASA’s upcoming Psyche mission.

El Ali Meteorite

A slice of the El Ali meteorite contains two minerals never before seen on Earth. Credit: University of Alberta

“Lindy has done a lot of work on how the cores of planets form, how these iron-nickel cores form, and the closest analogue we have are iron meteorites. So it made sense to name a mineral after her and recognize her contributions to science,” Herd explains.

In collaboration with researchers at the University of California, Los Angeles (UCLA) and the California Institute of Technology (Caltech), Herd classified the El Ali meteorite as an “Iron, IAB complex” meteorite, one of over 350 in that particular category.

As Herd was analyzing the meteorite to classify it, he saw something that caught his attention. He brought in the expertise of Andrew Locock, head of the University of Alberta’s Electron Microprobe Laboratory, who has been involved in other new mineral descriptions including Heamanite-(Ce).

“The very first day he did some analyses, he said, ‘You’ve got at least two new minerals in there,’” says Herd. “That was phenomenal. Most of the time it takes a lot more work than that to say there’s a new mineral.”

Locock’s rapid identification was possible because the two minerals had been synthetically created before, so he was able to match the composition of the newly discovered natural minerals with their human-made counterparts.

Scientists are still examining the minerals in detail to determine what they can tell us about the conditions in the meteorite when it formed.

“That’s my expertise — how you tease out the geologic processes and the geologic history of the asteroid this rock was once part of,” says Herd. “I never thought I’d be involved in describing brand new minerals just by virtue of working on a meteorite.”

Herd also notes that any new mineral discoveries could possibly yield exciting new uses down the line.

“Whenever there’s a new material that’s known, material scientists are interested too because of the potential uses in a wide range of things in society.”

While the future of the meteorite remains uncertain, Herd says the researchers have received news that it appears to have been moved to China in search of a potential buyer. It remains to be seen whether additional samples will be available for scientific purposes.

Herd described the findings at the Space Exploration Symposium on November 21 at the University of Alberta’s ETLC Solarium.

READ  火星探査機インサイトが、火星の謎を解き明かしてから 4 年後にほろ苦い別れのセルフィーを送信