5月 18, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

干し草熱とオミグラン症状を混同しないでください:専門家

社会的ライフスタイル


東京、2月。 26(Gigi Press)-日本の季節的な受粉のピークの前に、専門家は、干し草熱をコロナウイルスのオミグロン変異体の症状と混同しないように警告しました。

日本耳鼻咽喉科学会が英国で実施した調査によると、頭頸部手術では、オミグラン変異型の患者の73%が鼻水を、60%がくしゃみをしていることが示されています。

オミグランバリアントキャリアは、その症状が花粉アレルギーによるものであると誤って信じている一方で、その機能を制御できないことによって感染を拡大する可能性があるという懸念があります。

東京・エブラ病院耳鼻咽喉科長の木村友梨香さんは、「目がかゆいだけなら、干し草が出るかもしれない」と語った。感染している。」

医学界でコロナウイルスの活動を担当している木村氏は、花粉症を患っていない人が突然鼻水やくしゃみなどの症状を発症すると感染症を発症する可能性があると警告した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

ジジプレス

READ  ロシアがデフォルトを破った後、世界の株式は上昇し、金は下落している