10月 7, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本が介入して円の下落を支えよう

日本は木曜日、24年ぶりに円を支えるために介入したと発表し、ドルに対する通貨の継続的な下落を食い止めようとしている.

円は過去 1 年間で対ドルで 20% 以上下落し、エネルギーや食料など多くの必需品を輸入することで日本経済を圧迫しています。 円の下落は、米国連邦準備制度理事会がインフレと戦うためにドルを強化したため、低金利を維持するという日本の決意によって引き起こされました。

日本円は、中央銀行の翌日の木曜日に 1 ドル 145 を通過しました。 宣言された 政策金利をさらに 4 分の 3 ポイント引き上げて 3 ~ 3.25% にします。

日本の鈴木俊一財務相は木曜日の記者会見で、政府は「通貨の急速な一方通行の動きを懸念しており」、「投機的な行動に起因する過度のボラティリティを完全に看過することはできない」と述べた。

日本はここ数カ月、円安を食い止めようと、必要に応じて介入する可能性があると警告している。

現在、政府当局者は「24 時間 365 日行動を起こす準備ができている」と財務副大臣の神田正人氏は発表後に記者団に語った。

以前は、円安は日本の輸出志向型経済に恩恵をもたらし、海外の消費者にとって製品をより安く魅力的にし、海外での収益の価値を高めると広く見なされていました.

しかし、経済がグローバル化し、多くのメーカーが生産を海外に移すにつれて、そのメリットは限られています。 円は 弱くなる ウクライナは、パンデミックと戦争が幅広い輸入品のコストを押し上げているため、特に問題があります。

一部の製品については、数年ぶり、30 年ぶりに価格が大幅に上昇し始めており、国内では驚愕の声が上がっています。

日本政府の介入は、他の国々が連邦準備制度理事会による利上げに追随し始めているにもかかわらず、日本銀行が長年の超低金利政策を急速に維持するという木曜日の発表に続くものです。

低金利は、10 年近くにわたって日本の経済政策の重要な部分を占めてきました。これは、お金をより安く、より容易に利用できるようにすることで、国の低インフレを後押しするために導入されました。 小規模ではあるが、インフレは企業利益と労働者の賃金を増加させることにより、経済成長にプラスの効果をもたらすはずである。

パンデミックの間、日本のインフレ率は上昇しましたが、他の国のインフレ率 – 2.8% をはるかに下回っています。 8月. 日銀の当局者は、金利低下に拍車をかけた消費者主導の需要ではなく、パンデミック関連の供給制約によって引き起こされたミスインフレだと考えています。

木曜日に政府がドル売りを行った後、円は一時的に 141 を割り込んだ後、再び下落しました。

氏鈴木は言った。

1998 年のアジア金融危機の際、日本は円高に介入しました。当時、通貨は 1 ドル 146 でした。 2011年には通貨安を試みた。

宇野久子 寄稿レポート。

READ  パラリンピック村での最初のGovt-19事件では、日本の数が増加しました