7月 24, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本には二酸化炭素削減の野心を持った真剣な仕事がある:マグワイア氏

日本には二酸化炭素削減の野心を持った真剣な仕事がある:マグワイア氏

日本は今週、排出量削減と気候変動への取り組みとして炭素クレジット取引プログラムを開始した。

エネルギー庁によると、世界第3位の経済大国は温室効果ガス排出量で第5位にランクされており、エネルギー生産やプロセス排出を通じて年間約11億トンの二酸化炭素(CO2)を排出している。

日本は2030年までに総炭素排出量を2013年比で46%削減することを目指しており、2050年までにカーボンニュートラルになることを約束している。

これらの目標を達成するには、日本は発電や産業における化石燃料の消費を削減し、ほとんどのエネルギーエンドユーザーに電力を供給し、排出ガスのない電力の生産を大幅に増やすための経済規模の緊急措置を講じる必要がある。

大幅かつ急速な排出削減を試みているすべての経済国は、同様の課題に直面しています。

しかし、日本特有の要因により、クリーン エネルギー供給ソリューションの範囲が制限されるだけでなく、電化が難しく、経済全体の主要な推進力となる重要な部門の総エネルギー使用量の減少も制限されることになります。

ひずみ電力システム

各国のエネルギー転換の取り組みを決定する最も重要な要素の 1 つは、電力システムが消費者へのバランスの取れた供給を創出しながら、汚染されたエネルギー源からよりクリーンなエネルギー源への急速な回復にどの程度うまく対応できるかということです。

何十年も前から配電システムが存在する国はどこでも、送電センターと発電センターの重要なアップグレードをしながらサービスを維持するという困難に直面しています。

日本では、2011年の福島事故後の原子力発電量の急激な減少により、すでに国家電力システムが緊張状態にあることによって、こうした困難がさらに悪化している。

津波が福島原発を襲い、6基の原子炉のうち3基がメルトダウンを引き起こすまで、原子力発電は歴史的に日本の電力の25%を生産していた。

災害後、国内の原子炉総数に対する国民の信頼は崩壊し、その後数年間でほぼすべての原子力発電所が停止した。

一方、シンクタンクのエンバーによると、日本の電力会社は、2022年までに日本の電力の73%を占める化石燃料、主に石炭と天然ガスによる発電を縮小することを余儀なくされている。

インドの化石燃料への依存度は世界最大の経済大国に次ぐ水準で、日本の主要な経済ライバルである中国の65%、米国の59%と比較する。

中国と米国は世界最大の再生可能エネルギー消費量を誇る。 彼らは、両国の発電構成を急速に進歩させる実用規模の風力発電および太陽光発電設備の開発に関する広範な専門知識を持っています。

中国と米国の両国には、追加の太陽光発電所や風力発電所の建設地となることが期待される広大な人口のいない土地がある。

対照的に、エネルギー庁によると、日本は再生可能エネルギー総発電量で第6位に位置し、大規模な再生可能エネルギー設備に適した空き地が少なく、将来的に再生可能エネルギー発電を増やす重要な手段として屋上太陽光発電システムに注目しているという。

長期的には、日本は風力発電、特に洋上プラットフォームからの風力発電を増やすことを目指しています。

しかし、構造問題により最近、日本初の浮体式洋上風力発電所の建設が2026年まで2年延期され、2050年までに日本の電力の3分の1を生産するという風力部門の目標が損なわれた。

執拗な要求

クリーン発電の進歩のペースは遅いながらも着実に進んでいますが、日本のエネルギー方程式の需要面で必要な減少はさらに緩やかになる可能性があります。

この国の交通システムは、特に内燃機関を動力源とする乗用車において、化石燃料の主要な使用源となっている。

国際エネルギー機関(IEA)のデータによると、政府の新たな奨励金のおかげで、電気自動車(EV)の販売は2021年から2022年に過去最高の127%増加する見通しだ。

しかし、昨年の自動車販売台数に占めるEVの割合はわずか3%、日本の自動車在庫全体に占める割合は1%にも満たない。

対照的に、EVは昨年の中国の自動車販売の30%近く、欧州で21%、米国で8%近くを占めており、日本の名高い自動車産業が貢献に大きく関係していることを示唆している。 国家脱炭素化への取り組み。

日本の巨大産業も化石燃料への依存を減らすのに苦労している。

IEA の最新データによると、2020 年の日本の産業エネルギー消費の炭素強度はメガジュールあたり 54.2 グラムの二酸化炭素です。

これは、世界で最も工業化された経済国である中国の 64.28gCO2/MJ に匹敵します。

しかし、中国の産業炭素強度は2010年以来13%以上減少しているのに対し、日本の炭素強度は2%未満低下しており、これは中国の製造業者と煙突部門が日本の同業者よりも自らの行為を浄化するという点でより良い仕事をしたことを示唆している。

当然のことながら、日本の巨大産業企業は2020年以降、エネルギー効率の向上に向けて取り組みを強化しており、グリーン水素を電源および投入物として使用することで、今後数十年間でそのペースを加速させたいと考えている。

しかし、日本の電力システムはクリーンエネルギー生産において世界の同業他社に後れを取っているため、特に日本経済の柱である製鉄、造船、自動車製造などのエネルギー集約型部門では、産業用のクリーン電力が不足している可能性がある。

炭素取引システムなどの政府プログラムは事態を加速させるのに役立つかもしれないが、最終的には日本のエネルギー生産者、自動車購入者、商用電力利用者が日本のエネルギー転換の進捗を決定する上でより大きな利害関係を持つことになる。 そして、誰もが自国の目標を達成するまでには長い道のりがあります。

(レポート:ギャビン・マグワイア、編集:ダイアン・クロフト)

READ  ロボット掃除機レビュ