9月 17, 2021

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本のコンビニエンスストアが東京オリンピックの記者にアイスクリームゴールドを獲得

「ベストコンビニアイスクリーム」は、あらゆる国籍の人々を結びつけます。

2020年のオリンピックが東京で終わりを迎えるにつれ、いくつかの驚くべきハイライトと思い出が海外での非番の活動に変わりました。 アスレット記者 ゲームが含まれています。

さて、マシュー・モハン(マシューモハンCNA)、シンガポールを拠点とする英語ニュースチャンネルのシニアジャーナリスト Channel News Asia、ゲームに関するレポート以外に、彼は見つけたものに関するニュースを作成し、それをカバーしています 日本のコンビニアイスクリーム

モハン・モハンがアイスクリームの発見についてこのツイートをオンラインで共有するとすぐに、Twitterは喜んで輝きます。

オリンピックを報道する多くのジャーナリストのように、モハンは一般的に日本語で謙虚なコンビニエンスストアまたは「コンピニ」として知られています。 ある特定の夜、モハンは彼が言っていることを発見しました最高のコンビニアイスクリーム“、そして映画が示すように、その賞はモウリーニョに行きます モナガソコジャンボ

1972年に「ソコモナコ」として最初に市場に投入されたソコモナコジャンボは、しばしば続く 市場調査によると、日本で最も売れているアイスクリームバーは0.17秒ごとに売れています

写真 ©SoraNews24

アイスクリームを特別なものにしているのは、その「黄金比餅を使ったアイスクリーム、チョコレート、サクサクのモナコフレーク(グルテンフリーライスで作った餅)。 同社が慎重に設計したこのいわゆる金の比率は、従うことを目的としています 日本の伝統的なモナコデザートに見られる完璧なバランス、通常、小豆餡を使った2つの薄いサクサクの鱗の間。

月は伝統的なモナコのデザートです。

シンプル/トマト

ソコはモナガジャンボのようなものです 日本と西洋の最高のデザートを組み合わせたフュージョンアイスクリーム 美味しくて満足のいく食感のクールなおやつに。 日本でも人気があり、外国の味も好きで全国の人に喜ばれました。

「世界がこれを知るにはしばらく時間がかかります!」
「ソコモナコジャンボは本当に美味しい!」
「別の国家機密が漏洩した!」
「太ってるから…味がする…わかった」
「外国人記者はスーパーの食べ物をとても楽しんでいます。私は完全に理解しています。お店は楽しく、日本のおやつはおいしいです。

モナガソコモンボのような日本のおやつは、日本の店で買い物をするのが本当に美味しくて楽しいです あらゆる分野の人々がコミュニケーションをとることができます

オリンピックのように、日本のスーパーマーケットは、オリンピックの間に障壁を打ち破り、すべての国籍の人々を団結させているようです-聞いてください これはカナダの記者です、ある夜有名になり、彼のコンビニ料理が大好きになりました!

ソース: モレナカTwitter / @MatthewMohanCNA 経由 羽島喜子
上の画像:Twitter / @MatthewMohanCNA
SoraNews24の最新記事が公開されたらすぐに聞きたいですか? フェースブックでフォローしてツイッター

READ  日本のピーナッツは日本ではメキシコのピーナッツと呼ばれていますか? これがこのおやつの裏話です