8月 13, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本のジャーナリストの友人は、ミャンマーでの彼の釈放を要求している

東京 (AP) — 軍政下のミャンマーでの抗議活動を取材中に拘束された日本のジャーナリスト久保田徹の友人は、水曜日に彼の即時釈放を求め、オンライン請願は41,000以上の署名を集めた。

彼の支持者とAP通信に話した証人によると、ドキュメンタリー制作者は約10人の抗議者の写真を撮った後、土曜日にヤンゴンの私服治安部隊によって逮捕された.

ミャンマーでの人権侵害を非難している日本政府は、20歳の日本人男性の逮捕を確認した。 それは彼の解放のために働いていると主張しています。

日本の公共放送局NHKの報道は、軍政府のスポークスマンが、久保田氏が拘留され、捜査中であることを確認している一方で、彼の釈放は不確実であると述べたと引用した.

ミャンマー軍は昨年 2 月、選出されたアウン サン スー チー政権を打倒して権力を掌握し、反対意見を取り締まり、何千人もの人々を殺害、逮捕した。 ミャンマーで拘留されている 50 人以上のジャーナリストのほとんどは、恐怖を扇動したり、虚偽のニュースを広めたり、公務員に対する扇動を行ったりした罪に問われ、最高 3 年の懲役刑が言い渡されます。

クボタの映画は、ロヒンギャ難民の窮状やコロナウイルスのパンデミックの中での東京の貧困層など、疎外された人々に声を与えることに焦点を当てていました。

名門慶應義塾大学卒、ロンドン芸術大学修士号取得のクボタさん(26)はヤフーに勤務。 News Japan、Vice Japan、Al Jazeera English。

「私は可能な限り自由になりたい、それが私がドキュメンタリーを作る理由です」と彼はツイッターのプロフィールで述べています.

先月末のミャンマーからの最後のツイートで、彼女は次のように述べています。 そして涙がこみ上げてくる。

彼の友人は、彼が一人で行って、その男についてのドキュメンタリーに取り組んでいたと言いました. セキュリティ上の理由から、その他の詳細は公開されていません。

映画で久保田と仕事をしたニキ・ツカモト・キニンマウスは、日常の人々の生活を記録しようとした.

「彼は本当にいい人です。多くの人に愛されています」と彼女は東京の日本記者クラブで記者団に語った。

今週初め、PENインターナショナルと日本ペンクラブは、不当に拘留された他の人々とともに、クボタの即時かつ無条件の釈放を求めた。

「私たちは、表現の自由と、ミャンマー国内外のジャーナリストの保護を求めます。 そしてMr. 日本政府と国際社会に対し、クボタの安全を確保するために早急に行動を起こすよう強く求める」と、日本ペンシルバニア代表の桐野夏生は声明で述べた。

ミャンマーで逮捕された外国人ジャーナリストはクボタ氏で5人目。地元の出版物で働いていた米国市民のネイサン・マンとダニー・フェンスター、ポーランドのフリーランサー、ロバート・ボシアガと日本の北隅由紀に続く。 結局追放。

久保田氏の釈放を求める人々の一人である北澄氏は、ミャンマーの状況が悪化していることに気づき、彼の身の安全を心配していると語った. 北住は一ヶ月後に釈放された。

「彼は危険を知っていました。しかし、彼は行くことに決めました」と北隅は言いました。

___

影山ゆりのツイッターはhttps://twitter.com/yurikageyama

___

バンコクの AP 通信ライター、グラント ペックがこのレポートに寄稿しました。

READ  日本の芸者は、絶滅の危機に瀕した芸術を復活させるためにテレビ番組やカレーコマーシャルに戻りました