6月 16, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本のトヨタハイブリッド販売が31%増加し、過去最高益 | 自動車産業

日本のトヨタハイブリッド販売が31%増加し、過去最高益 | 自動車産業

日本の自動車大手は、3月の純利益が4兆9400億円(319億ドル)に達したと発表した。

トヨタは円安とハイブリッド車の堅調な需要を背景に過去最高益と売上高を記録した。

日本の自動車メーカーは水曜日、売上高が4兆9,400億円(319億ドル)に対し45兆1,000億円と、前年同期の2倍以上の売上高を計上した。

国内市場および北米、欧州での旺盛な需要に牽引され、世界販売台数は1,030万台に達し、過去最高を記録した。

ハイブリッド車の販売台数は31%増の370万台となった。

この決算は、売上高43.5兆円、純利益4.5兆円という会社予想を上回った。

トヨタは今年度についてよりハト派的な見通しを示し、投資増加により利益が28%近く減少すると見積もった。

同社は今年、世界で2023年比1.3%減となる1095万台の車両販売を目指している。

トヨタ自動車の佐藤幸治社長は決算発表後の記者会見で「持続的な成長の観点からサプライチェーンをしっかり確保するための投資を行っていく」と述べた。

「最近の結果は私たちの努力が報われたことを示していますが、さらなる努力が必要です」 [to] モビリティカンパニーを目指して成長し続けます」と佐藤氏は付け加えた。

トヨタは1997年にプリウスを発売してハイブリッド分野で名を残したが、完全な電気自動車の導入が遅れているとして批判に直面した。

トヨタは2023年に11万6500台の完全電気自動車を販売したが、中国のBYDとテスラはそれぞれ160万台と180万台を販売した。

それにもかかわらず、米国と欧州で電気自動車の需要が減少し続ける中、トヨタのハイブリッドファースト戦略はこの1年で成果を上げた。

電気自動車の分野ではテスラやBYDに後れを取っているにもかかわらず、20以上のハイブリッドモデルを提供するトヨタは、販売台数で4年連続世界最大の自動車メーカーの座を維持している。

トヨタの豊田章男社長は1月、バッテリー式電気自動車が市場を独占することに疑問を表明した。

READ  エド・シーランが日本旅行中にこの奇妙な料理を食べているところを目撃される