2月 3, 2023

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本のニコタ・キャピタルが証券会社を立ち上げた

Nicota Realty は、東京の中心部と 2 つの人気のあるスキー リゾートに焦点を当てています (Getty Images)

東京に本拠を置くニコタキャピタルは、個人投資家が日本でアパート、住宅、土地を売買するのを支援する不動産仲介部門としてニコタリアルティを設立しました。

東京の中心部、ニセコ、長野に焦点を当てているニコタ・リアルティは、サヴィルズ・インベストメント・マネジメントの元アジア資産運用責任者であるクレイグ・ピアースと、UBS とマリオットで地域の役割を担っていたダン・ダグリエが率いています。

日本の首都であり、北海道のニセコと長野県の白馬村のスキーリゾートは、アジア太平洋および世界で多くの投資家と別荘の購入者を引き付け続けている.

「Nikota Realty は、経験豊富な不動産専門家チームと共にこれらの顧客にサービスを提供し、顧客に市場内外の機会を提供することを楽しみにしています」と彼は言いました。

4都市のエージェント

2019 年に設立されたニコタ キャピタルは、法人、ファミリー オフィス、富裕層の個人に不動産アドバイザリー サービスを提供する日本の認可不動産会社です。 東京、ニセコ、白馬、香港を拠点とする仲介部門のニコタ リアルティが代表を務めています。

ニコタ・キャピタル マネージング・ディレクター クレイグ・ピアース

ニコタ・キャピタル マネージング・ディレクター クレイグ・ピアース

会社を設立する前は、2015 年から 3 年間 Savills IM に勤務し、APAC の資産管理を率いていました。 英国を拠点とする投資関連会社のサヴィルズと共に、ピアースはアジアでのフットプリントを拡大し、香港と中国で同社の不動産資産を管理しました。

サヴィルズに入社する前は、オーストラリアのグリフィス大学を卒業し、東京と香港でゴールドマン サックスとモルガン スタンレーの不動産投資プラットフォームで 14 年間過ごしました。

Daglier は、マカオ ランド デベロップメントの創設者兼社長であり、香港の UPS のディレクターとアジア太平洋地域のマリオット インターナショナルの開発担当副社長をそれぞれ 2 年間務めました。

強力な投資

CBRE の最新の調査によると、日本の第 3 四半期の住宅取引高は昨年 2,690 億円 (20 億ドル) に達し、調査開始以来最高の 7 月から 9 月の合計となった。 日本投資市場展望レポート.

「外国人投資家は住宅用不動産の購入に熱心ですが、売り手価格は上昇しています」と不動産コンサルタント会社は述べています。 「ポートフォリオの入札者が減り始めると、売り手は不動産を個別に売却することを決定する可能性があり、完了するまでにより多くの時間が必要になります。」

ダグリエ氏は、比較的手頃な価格、透明性のある自由保有権法、および外国人投資家にとっての所有のしやすさに基づいて、この国は投資先として際立っていると述べました。

「経済の見通しという点では、日本は明らかに将来うまくいく位置にいる」と彼は言った。 「私たちは、クライアントが不動産を通じて富を築き、成長させるのを支援し、日本を検討する洗練された投資家の不動産アドバイザーになることを楽しみにしています。」

READ  日本は南島沖で中国の潜水艦の疑いを発見