9月 18, 2021

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本のビジネスロビーは、ワクチン接種を受けた人々の隔離を終わらせることを目指しています

月曜日の日本最大のビジネスロビーは、コビット-19のワクチン接種を受けた外国人を免除し、現在の14日間の隔離期間を最大10日間に短縮することを検討するよう政府に求めた。

日本商工会議所の戸倉正和総理大臣は、最近のコロナウイルスの発生が終わったら、政府は経済的および社会的活動を再開することを提案すべきであるとスカ首相に提出した。

Gaitenrenとして知られるビジネスロビーは、Covid-19患者の治療は指定された病院や診療所に限定されるべきではなく、薬局が保健省によって承認された簡単な抗原検査装置を販売できるようにするべきであると提案しました。

「人口の80%以上が今後2か月以内に完全にワクチン接種されるでしょう。重症例の割合が適切に減少した場合、ウイルスの拡散と社会経済活動に対する対策のバランスを取ることに焦点が当てられます」とDoguraは語った。記者会見。

同様の展開で、ワクチン接種率が上昇したときに取るべき措置の提案が、政府のCOVID-19諮問委員会によって金曜日にまとめられました。

彼らは、入院患者やナーシングホームを訪問したい人のために、Govit-19ワクチンの証拠と陰性の検査結果を組み合わせることを推奨しています。

政府は、感染を防ぐための適切な措置が講じられれば、政府-19の緊急事態の影響を受けた地域でも、レストランに酒を予約することを検討しています。

READ  Covit-19の若者の死亡率は、デルタ変動により日本で上昇しています