7月 24, 2024

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の亡命王室愛好家がメーガン妃やハリー王子と異なる理由

日本の亡命王室愛好家がメーガン妃やハリー王子と異なる理由

眞子さまのラブストーリーはハリウッド的な扱いを求めている。 これはロマンチックなおとぎ話の逆です。王女は大学時代の恋人と結婚するために地球上で最も古い君主制の地位を放棄し、日本の宮殿をニューヨーク市のワンベッドルームのアパートと交換します。

私たちは、夫の小室圭さんとバスに乗って、プリンセスから一般人になった眞子さまの旅について少しは知っている――2023年夏のパパラッチ写真には、まさにその様子が写っている――しかし、その物語を伝える映画は見られないと言ってほしい。 。

彼女は2021年10月に結婚と退位を発表する記者会見を開き、豪華な結婚式と恒例の100万ポンドの別れ代を拒否して日本の王室を離れた初の女性となった。 そして小室「日本のメーガンとハリー」。

この物語は、この国の天皇と皇后が長く延期されていた英国への国賓訪問に乗り出す際に、両君主国が同様の課題に直面していることを浮き彫りにしている。

日本の皇室とウィンザー家は全く異なる制度だが、現代世界で直面する困難は不思議なほど似ている――大西洋を越えた自由な生活を求めて君主制の制約を離れ、世界的な注目を集めた王室は主張する。

メーガン妃とハリー王子とは異なり、マコさんと小室さんは訪米以来、目立たないままだった(写真:アンドリュー・エシボ/ゲッティイメージズ、アーチウェル財団)

徳仁天皇と雅子皇后は土曜日に英国に到着し、火曜日から木曜日の公式訪問に先立って日曜日にロンドンのジャパン・ハウスで行われたイベントに出席した。このイベントには国王主催の晩餐会やモールでの馬車パレードなどが含まれていた。

選挙期間中に国賓として訪問するのは現代で初めてで、日本の国賓として英国を公式訪問するのは、2020年の訪問がパンデミックのため中止された1998年以来となる。

徳仁皇太子とチャールズ国王が、不運な王室のいとこについて言及する可能性は低いが、明らかに共鳴する部分がある。

イギリスの記者がメーガン・マークルの親族を調査したのと同じように、日本のジャーナリストも小室さんの家族背景を掘り下げた。 小室さんの母親は、小室さんが元婚約者から2万8000ポンドの融資を受け、返済していなかった疑いがあることを発見した。

英国のジャーナリストらは、マークルさんの父親が冷たい現金と引き換えに自分と娘を妥協する用意があることを知った。

マークルさんと小室さんも同様の――そしてしばしば嘲笑的な――マスコミの厳しい監視にさらされた。 マークルさんは妊娠中のお腹を露出し、割れたサンドレスを着ていたことで批判を集めたが、小室さんは髪をポニーテールにまとめ、ピンストライプのドレスを着ていたことで非難を浴びた。

マークルと同様、マゴもメディアの猛攻撃がメンタルヘルスの問題を煽ったと語った。 もちろん、夫婦とも元王室としてアメリカで新たな生活を送ることを選択しました。

しかし、類似点はそこまでで、私の考えでは、君主制の罠を捨てて庶民との愛を育んだマゴの物語は、メーガン妃とハリー王子の物語よりもロマンチックである。その重要な理由は「コントロール」だ。

眞子さまが結婚して日本の皇室を離れる決断について「私にとってケイさんはかけがえのない存在です。結婚は私たちにとって必要な選択でした」と記者会見でコメントした後、それ以上の意見は聞かれなかった。 オプラ・ウィンフリーのインタビュー、ドキュメンタリー、伝記はなく、ビッグアップルで何気なく愛し合っているカップルの写真がいくつかあるだけです。

日本の皇室は存続のために戦っている。 日本の法律では、女性の家族は一般人と結婚すると皇族としての地位を失うことになっている。そのため、眞子さまは強制されたというよりも、実際に皇族から離れることを「選択」したわけではない。

日本の王子は結婚しないので、残った王女には選択肢がほとんどありません。 男性天皇の子孫である男児のみが即位できるため、徳仁天皇の家族17人に男性が4人しかいないことを考えると、王朝の将来は安全ではない。

世論調査では、女性が皇后に即位できるようにする法改正に対する国民の支持が示されているが、そのような法案は有力な保守政治家によって激しく反対されている。 さらに悪いことに、家族にはテープカットや博覧会の開会の任務を遂行する人手がなくなってしまった。

英国王室にとって将来はそれほど暗いものではないようですが、地平線には同様に不気味な雲が立ち込めています。 2人の主力選手は現在、重病から回復に向かっている。 6月のトゥルーピング・ザ・カラーのバルコニーに集まった観客が、前年の観客と比べていかに小さかったかに気づかずにはいられない。

東京の街を自由に歩くことも、投票することも、政治的意見を表明することもできない皇族女性たちがますます宮殿の門の外での生活を選ぶのではないかと日本の王室ウォッチャーが懸念している中、英国王室はヘンリー王子の離脱が前例となったことを懸念すべきだ。 。

時代が変わるにつれ、両国は君主制が統治する国にとって時代錯誤で異質に見える危険性があるという長年の懸念に取り組んでいる。

READ  日本の首相は、国際的な海軍のレビューで軍事力を強化することを誓います