9月 28, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の平均地価は、パンデミック前の期間以来初めて上昇しました

小宮勘太郎

東京(ロイター)-日本の地価は、パンデミック前の7月1日までの12か月で初めて上昇したことが、火曜日に国土省の年次調査で示されました。

このデータは、政府が外国人観光客を呼び込むために再開している時期に、国境制限が日本の観光部門に継続的な害を及ぼしていることを強調しています。

世界第 3 位の経済大国の全体的な不動産価格は、2021 年 7 月 1 日までの 1 年間で 0.4% 下落し、過去 12 か月で 0.6% 下落した後、7 月 1 日に前年比で 0.3% 上昇しました。 示した。

「昨年の下落はパンデミックの影響によるもので、今回はそこから地価が回復した」と国土省の関係者は記者会見で語った。

過去 31 年間下落してきた住宅価格は、前年の 0.5% 下落に続き、7 月 1 日までの 12 か月間に 0.1% 下落しました。 日本の人口の高齢化と減少は、住宅地の価値の長期的な下落を引き起こしてきました。

日本がパンデミックによる制限を緩和し、小売需要が回復したため、商業用不動産価格は0.5%上昇し、前年の0.5%下落から反転しました。

2016年から2019年までのデータは、中央銀行の金融政策の支援と増加する外国人観光客に対応するためのホテル建設のブームに支えられて、商業地の価格がより速いペースで上昇していることを示しています。

しかし、Covid-19の厳格な国境管理は6月に部分的に緩和され、観光客の到着が事実上禁止されました. 昨年の訪日外国人はわずか25万人、2019年は0.8%。

今年、円が対ドルで 20% 近く下落したため、当局は外国人観光客数を増やすために国境管理をさらに緩和することをほのめかしました。

一部の人気観光地の不動産価格は、国内旅行者のおかげで 7 月 1 日までの 12 か月間で上昇しました。 しかし、大阪の繁華街など、外国人観光客に大きく依存している地域では、価格が下落し続けていると、国土交通省の関係者は述べた。

火曜日のデータによると、工業用地の価格は 1.7% 上昇しました。 これは、オンライン取引倉庫のスペースに対する堅調な需要に支えられて、5 年連続の価格上昇です。

調査対象の 21,431 か所のうち、台湾セミコンダクター マニュファクチャリング (TSMC) による近くの工場建設のおかげで、熊本県南西部の工業地帯が最大の地価上昇 (31.6%) を経験しました。

パートナーであるソニー グループとデンソー株式会社と共に、世界最大の契約チップ メーカーである TSMC は、熊本に初の日本工場を建設しています。

「半導体関連企業や物流業者が熊本に進出している」と国土交通省の担当者は述べ、このプロジェクトは近隣地区の住宅および商業用不動産の価値を押し上げたと付け加えた。

(取材:小宮勘太郎、編集:ブラッドリー・ペレット)

READ  カブスの鈴木誠也 MLBで快進撃