11月 30, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本の規制当局がブローカーに取引停止を命じる

東京 (AP) — 日本の金融サービス大手は、SMBC 日興証券に対し、市場操作事件の罰金の一環として、金曜日から 3 か月間のブロック取引業務の停止を命じました。

副社長の佐藤敏宏氏と数人の従業員が、特定の株の株価を押し上げるために大量の買い注文を出した疑いで逮捕されました。

同社はスキャンダルのため、すでにブロック取引を停止していた。 書面による声明で、同社は謝罪し、罰則を「非常に真剣に」受け止めていると述べた. SMBC 日興証券とその親会社であり、同国で 2 番目に大きな金融グループである三井住友フィナンシャル グループも、ガバナンスを改善する計画を概説しました。

証券取引所を監督する政府機関である証券取引委員会は、今年初めに SMBC ニコとその従業員を金融商品取引法に違反したとして正式に起訴しました。

このケースでは、市場が閉じる直前に大量の株を購入し、それらの価格をクライアントによる夜間のブロック販売に使用することを意図しています.

取引の調査は、今会計年度の手数料と引受で会社の収益に大きな打撃を与えました。

9 月下旬、SMBC 日興は、規制当局が価格操作を目的とした違法な株式購入に対して行政処分を勧告したと発表しました。 不適切な取引審査システムと大量取引管理、および証券会社と SMBC 銀行業務間の取引の「不適切な」管理。 また、同社は最近、ビジネス リスク コントロール ユニットを設立しました。

金融商品取引法違反で有罪判決を受けた場合、最高で懲役10年、罰金1000万円、またはその両方が科される。 企業は最大 7 億 (580 万ドル) の罰金に直面しています。

READ  ワシントン ウィザーズは日本でのエキシビションでケミストリーを構築しようとしている