12月 1, 2022

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本は、貯蓄者向けの非課税投資スキームの拡大を提案しています

  • 岸田総理「日本は買う国」
  • 日本政府は家計の金融資産を増やすことを目指しています
  • 投資制限緩和案

[東京 11月25日 ロイター] – 日本政府は金曜、家計向けの非課税の株式投資スキームを倍増し、現金や普通預金口座に蓄えるのではなく、より多くのお金をリスクのある資産に蓄えるよう奨励するよう求めた。

日本個人貯蓄口座(NISA)プログラムの変更案は、今後5年間で口座数を2倍の3400万に、投資額を56兆円(4040億ドル)に増やすことを目指している。

現在のプランでは、保有者は年間 120 万円 (8,600 ドル) までしか株式や投資信託に投資できません。 アカウントは、所得に対して5年間の免税を提供します。

この計画は、国のキャピタルゲイン税をオーバーホールする最初の提案が支持を得ることができなかった後、投資を強調することによって平均家計の富と資産を押し上げるという岸田文夫首相の「新しい資本主義」計画の一部です。

岸田氏はまた、海外での日本への投資キャンペーンを展開し、今年 5 月にシティ オブ ロンドンの銀行や投資家に「日本は購入している」と語った。

日本の家計は、2,000 兆円の金融資産の半分以上を現金と普通預金口座で保有しています。

しかし、これらの資産は過去 20 年間で 40% しか増加しておらず、家計がより多くの資産を株式やミューチュアル ファンドに投資している米国と英国では、2020 年以降、金融資産はそれぞれ 3.4 倍と 2.3 倍に増加しています。 数年前。

政府は金曜日の委員会で提案を提示し、今年後半に取りまとめられる日本の税制改革の年次計画にそれらを反映させる意向である。

提案には、2014 年に開始された NISA を恒久的なスキームにする一方で、投資の上限を引き上げることが含まれています。

金曜日のタスクフォースは、プランに加入するための年齢制限の引き上げを含む、iDeCoとして知られる個人の確定拠出年金プランの改革も推進しました。

(1ドル=139.3900円)

梶本哲志によるレポート。 Edmund Clamanによる編集

私たちの基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  第二次世界大戦中の東京大空襲を記録した日本人作家の死