9月 19, 2021

kenmin-souko.jp

日本からの最新ニュースと特集:ビジネス、政治、解説文化、ライフ&スタイル、エンターテインメント、スポーツ。

日本は南島沖で中国の潜水艦の疑いを発見

東京(AP)-日本は日本の南の島で中国人と思われる潜水艦を発見し、中国が軍事作戦を強化するにつれて東シナ海で警戒レベルを上げている、と国防省は日曜日に述べた。

潜水艦は沈没したが、中国のルアンIII誘導対ミサイル潜水艦に近いため、中国の潜水艦であると考えられている、と同省は声明で述べた。

潜水艦は奄美大島の東海岸の北西、日本の支配下にある争われている東シナ海の島々の北東700キロメートル(420マイル)に移動したが、北京によって主張された。

潜水艦は日曜日の朝、東シナ海を西に向かっていた。

潜水艦や船は日本の領海には入らなかった。 国際法では、他国の沿岸を横断する潜水艦は、領土内に国旗を表示することが義務付けられています。

日本の海上防衛軍は、中国の意図を研究するための早期警戒と情報収集のために、3隻の偵察機と2隻の駆逐艦をこの地域に派遣しました。

2020年6月、中国人と思われる潜水艦がこの地域で発見されました。

中国は、海事活動を保護し、主権、安全保障、開発の利益を保護する権利を主張しています。

中国の東海と南シナ海での海軍作戦の拡大に慌てて、日本は国の南西部と紛争中の島々の北の島々で安全を強化している。

東京は、この地域の状況を変えるための中国の一方的な努力に反対し、紛争中の島々の近くでの中国海警局の存在の高まりに反対し続けていると述べています。 日本の当局者は、中国の船は通常、島の周りの日本の海域に侵入し、時には漁船を脅かすと言います。

READ  「シャトル外交が悪化した」:日本の投資スター、東芝が取締役会の論争に巻き込まれた経緯